イオンリート投資法人[3292] 分配金受領日記と資産運用報告書のまとめ

3292イオンリート投資法人資産運用報告書

この記事は、国内流通業界の雄である[8267]イオン系のリートである[3292]イオンリート投資法人の過去の受取分配金・資産運用報告書のまとめ記事です。

このページでは、2018年1月期以降の受取配当の報告、ならびに、過去の事業報告書で気になったネタを時系列でご紹介したいと思います。なお、[3292]イオンリート投資法人の銘柄紹介自体は記事の長さの関係で別ページとしています。興味のある方は、合わせてご覧いただければと思います。

イオンリート投資法人[3292]の特徴と投資口価格と分配金・分配利回りの推移

2018.10.16



[3292]イオンリート投資法人 過去の受け取り配当金 まとめ

 保有口数1口分配(円)今回の税引後分配金(円)税引後の累計分配金(円)
2018年7月期42,95610,03620,320
2018年1月期43,02910,28410,284

[3292]イオンリート投資法人 配当金受領報告と事業報告書

国内2大流通企業の一角であるイオン系列のリートである[3292]イオンリート投資法人。商業施設に投資するリートとしてはかなり後発の方なのですが、その規模の拡大は積極的でありまして、2018年10月現在では国内に上場している商業施設系の8リートの中では時価総額で2位争いとなっています。

イオンリート投資法人[3292]という名付けからからして仕方ないことではあるのですが、この投資法人が有している物件は端から端までイオンづくしとなっています。国内リートは意外に透明性が高いため、利益相反が起こりそうな場面でもひどすぎる売買はなかなかないとは思うのですが、あまりにイオンづくしすぎる同社は好き嫌いがわかれるかもしれませんね。

[3292]イオンリート投資法人 2018年7月期 受取分配金と資産運用報告書

3292イオンリート投資法人2018年7月期分配金

2018年7月期 [3292]イオンリート投資法人 受取分配金

  • 保有口数:4口
  • 1口分配:2,956円
  • 税引後受取分配金:10,036円

[3292]イオンリート投資法人 イオンモール甲府昭和を大増築

3292イオンモール甲府昭和

地元では大人気のモールが1.5倍に拡大です。

さて、今回の[3292]イオンリート投資法人の資産運用報告書からは、同法人の保有物件である「イオンモール甲府昭和」をご紹介することにしたいと思います。

山梨県の中では人口が堅調に推移しているという昭和町。ここは、甲府市内からも非常に行きやすい場所にあるイオンモールでありまして、甲府に縁のある私も何度か遊びに行ったことがあるモールです。このモールが2017年11月に増築され、一気に面積は1.5倍に、そして家賃も約8億円から約13.5億円に増加しました。増えた面積以上に賃料が増えているわけなので、悪くはない取引と言えるのかもしれませんね。




[3292]イオンリート投資法人 2018年1月期 受取分配金と資産運用報告書

3292イオンリート投資法人2018年1月期分配金

2018年1月期 [3292]イオンリート投資法人 受取分配金

  • 保有口数:4口
  • 1口分配:3,029円
  • 税引後受取分配金:10,284円

[3292]イオンリート投資法人 ポートフォリオの中身はやっぱり全部イオン?

3292投資資産の種類の変化

あれ?イオンなのに物流施設にも投資しているの?

今回は[3292]イオンリート投資法人の資産運用報告書からは、ポートフォリオの分散状況についてご紹介したいと思います。

読者代表
ポートフォリオの分散状況っていっても、要するに全部イオンなんじゃないですか?
たっちゃん
おっしゃる通り、全部イオン系の施設には代わりはないのですが、上場時にはなかった資産クラスとしてあたらしく「物流施設」というものが入っていると思います。例えば、保有している物件の1つである「ダイエー茨木プロセスセンター」はイオン系列の生鮮食品加工センターとなっていますね。これも広い意味で考えるとイオン系の物件ですし、また、物流施設であると考えることもできるでしょう。また、いわゆる在庫の保管拠点としてのイオン系の物流施設も1物件保有しています。



[3292]イオンリート投資法人 銘柄解説ページ

イオンリート投資法人[3292]の特徴と投資口価格と分配金・分配利回りの推移

2018.10.16

[3292]イオンリート投資法人 1口あたり分配金の推移

 分配金(円)期末分配利回り(%)
2019年1月期(予想)3,0104.90(10/16現在)
2018年7月期2,9564.95
2018年1月期3,0295.07
2017年7月期2,9264.84
2017年1月期3,0194.91
2016年7月期1,4502.24
2016年1月期2,7904.45
2015年7月期2,7243.66
2015年1月期2,4733.07

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。