ホットマン[3190] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

3190ホットマン配当金受領日記

この記事は、同社の本社のある宮城県を中心として「イエローハット」「TSUTAYA」などのFC店舗を展開している[3190]ホットマンの過去の受取配当金・事業報告書のまとめ記事です。2018年3月期以降の受取配当の報告、ならびに、過去の事業報告書で気になったネタを時系列でご紹介したいと思います。

なお、[3190]ホットマンの銘柄紹介は記事の長さの関係で別ページとしています。興味のある方は、合わせてご覧いただければと思います。

ホットマン[3190]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.11.21



[3190]ホットマン 過去の受け取り配当金 まとめ

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2018年3月期 期末500104,1354,135

[3190]ホットマン 配当金受領報告と事業報告書

宮城県をはじめとして、東北地方各県にイエローハット、TSUTAYAなどのFC店を展開している[3190]ホットマン。2018年3月現在で出店している店舗数は114でありまして、人によっては「え?それだけで上場企業?」なんていう方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、私としては100店舗以上展開するというのも、それはそれで素晴らしいノウハウだと思いますし、地方を本拠地として頑張っている会社というものはどうしても応援したくなってしまうものなんですよね。配当利回り+優待利回りは3%程度でしかありませんが、これからも株価が爆上げしない限りは長期で応援していきたいと思います。

[3190]ホットマン 2018年3月期 期末配当金と期末報告書から

3190ホットマン2018年3月期期末配当金

[3190]ホットマン 2018年3月期 期末配当金

  • 保有株数:500株(3名義 300+100+100株)
  • 1株配当:10円
  • 税引後受取配当金:4,135円

[3190]ホットマン 事業展開している8つのフランチャイズ

3190ホットマン展開しているFCの一覧

イエローハット、TSUTAYAなど8種類のFCに加入しています。

さて、今回の[3190]ホットマンの事業報告書からは、同社が2018年3月時点で展開しているFC事業の内容をご紹介したいと思います。2018年3月現在、同社は上記の9個の事業を行なっており、そのうち8つはFC契約を結んだ上で事業展開しているものとなります。もうからなさそうではありますが、ゲーム好きの私としては、ゲーセンのセガを一度は経営してみたいと思いますね。

実は、全店舗のうち75%はイエローハットであるため、[3190]ホットマンの事業としては実質イエローハットだと考えてしまっても差し支えないと思うのですが、10~20年先を見ると、イエローハット以外に何か1つくらい50店舗以上展開できるようなブランドを見つけ出して欲しいですね。




[3190]ホットマン 銘柄解説ページ

ホットマン[3190]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.11.21

[3190]ホットマン 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER12.67倍
PBR0.68倍
ROE5.0%
予想配当利回り1.74%
最終データ更新日2018年11月21日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年3月期174.510未上場
2013年3月期111.210未上場
2014年3月期93.1101.56
2015年3月期13.9101.87
2016年3月期28.0102.04
2017年3月期11.7101.91
2018年3月期17.9→27.5→42.3101.49
2019年3月期(予想)45.410-

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。