引きの悪さに定評あるたっちゃん、問題発覚のわずか9日前にPF組み入れ。 [7181]かんぽ生命保険 2020年3月期中間配当金

7181かんぽ生命保険配当金の推移

今回の記事では、日本郵政グループの主力の1社である[7181]かんぽ生命保険をご紹介します。

最近、日本経済新聞でニュースを見ない日がないように思える日本郵政グループ関係の問題。この記事を執筆している2019年12月28日の新聞にも郵政グループの3社長が辞任し、新しく3人の社長が就任するという話題がありました。

基本的には、この話題単独では会社の経営を揺るがすほどではないと見ているので、自分のセオリーではここは買いということになるのですが、すでに株価が回復してきているのでこの水準では買い増ししにくいですね。皆さんはどのようにお考えになるでしょうか?




[7181]かんぽ生命保険 2018年3月期以降の受取配当金

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2020年3月期 中間200386,4376,437

[7181]かんぽ生命保険 2020年3月期中間配当金

7181かんぽ生命保険2020年3月期中間配当金

[7181]かんぽ生命保険 2020年3月期 中間配当金

  • 保有株数:200株
  • 1株配当:38円
  • 税引後受取配当金:6,437円

[7181]かんぽ生命保険 問題発覚直前に購入するキセキの引きです

7181かんぽ生命保険1年間株価チャート

[7181]かんぽ生命保険 1年チャート 2019年12月28日記録 SBI証券から

さて、今回は[7181]かんぽ生命保険の中間報告書からのネタをご紹介しようと思ったのですが、同社といえば私たっちゃんが購入したタイミングがネタとしか思えないので、その引きの悪さをご紹介することにしたいと思います。

2019年7月に生命保険契約に関する問題が発覚し、それ以降株価を大きく崩すこととなる同社。問題発覚後、7月10日と7月11日の2営業日で株価を10%下落させ、それ以降もダラダラと株価を下げる展開になってしまいました。

読者代表
手元の記録によると、たっちゃんさんが[7181]かんぽ生命保険を購入しているのは2019年7月1日ですね・・・わざと損しているんですか?
たっちゃん
株式市場が全体的に軟調で、株式購入のリバランスとなった2019年7月1日。この日購入する銘柄の1つとして選んでしまったのが[7181]かんぽ生命保険です。購入時点での配当利回りは3.8%。連続増配銘柄ですし、EPSも順調に拡大しているので良い銘柄だと思ってしまったんですよね。とはいえ、こんなタイミングで買ってしまうとは日頃の行いが悪いとしか思えませんよね。

それはともかくとして、その後夏にかけて株価は下落し、8月下旬には配当利回り5.2%をつける場面がありました。その後、株価は回復していますが、契約問題は未だ新聞紙上を大きく賑わしています。[6178]日本郵政ならともかく、当事者の[7181]かんぽ生命保険は配当利回り4%程度ではちょっと買いにくいと感じています。

[7181]かんぽ生命保険 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER7.86倍
PBR0.47倍
ROE5.8%
予想配当利回り4.06%
最終データ更新日2019年12月28日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2020年3月期(予想)238.376-
2019年3月期200.9723.01
2018年3月期174.2682.73
2017年3月期147.7602.35
2016年3月期141.5562.15
2015年3月期135.540.9未上場

[7181]かんぽ生命保険 詳しい銘柄紹介ページはこちらです

かんぽ生命保険[7181]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2019.12.28


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。