三井物産[8031] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

8031三井物産配当金受領日記

この記事は、国内超大手総合商社の一角であり、高配当株式としても知られている[8031]三井物産の過去の受取配当金・事業報告書のまとめ記事です。2018年3月期以降の受取配当の報告、ならびに、過去の事業報告書で気になったネタを時系列でご紹介したいと思います。

なお、[8031]三井物産の銘柄紹介は記事の長さの関係で別ページとしています。興味のある方は、合わせてご覧いただければと思います。

三井物産[8031]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2018.07.02



[8031]三井物産 過去の受け取り配当金 まとめ

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2018年3月期 期末4004013,55013,550

[8031]三井物産 配当金受領報告と事業報告書

国内超大手総合商社の一角である[8031]三井物産。同社は大手総合商社の中でも「資源ビジネス」に強いとされており、資源価格が軟調に推移する場面では、業績も株価もイマイチになってしまう傾向にありました。

ただ、最近は資源ビジネス以外の分野も強化しておりまして、2019年3月期の純利益見込みによると資源分野が57%、それ以外の分野が43%という比率になっています。それでも資源分野が多いとは思うのですが、以前よりは資源への依存度は減っているということですね。

[8031]三井物産 2018年3月期 期末配当金と期末報告書から

8031三井物産2018年3月期期末配当金

[8031]三井物産 2018年3月期 期末配当金

  • 保有株数:400株
  • 1株配当:40円
  • 税引後受取配当金:13,550円

[8031]三井物産 世界一長い無人運転鉄道 ドバイ・メトロ

8031三井物産ドバイメトロ

記事に取り上げるくらいなので、当然三井物産中心のプロジェクトだと思いきや?

さて、今回の[8031]三井物産の事業報告書からは「アラブ首長国連邦と日本の友好関係」という記事の一部をご紹介したいと思います。

この記事で取り上げられていた内容のうち、鉄道オタクの私が注目したのは世界一長い全自動運転鉄道として知られている「ドバイ・メトロ」です。ドバイの国際空港から中心部を通って、街の端から端まで約70kmの路線網となっています。私が一度乗ってみたい鉄道の1つなんですよね。

事業報告書で取り上げるくらいだから、このプロジェクトは当然[8031]三井物産中心のものだったんだろうと思って、ウィキペディアで調べて見ると、なんとライバルの[8058]三菱商事が手がけているプロジェクトのようでした。まあ、記事の主題はアラブ首長国連邦と日本の関係、ということなので、誰のプロジェクトかということは、関係ないといえば関係無いことなんですけどね。




[8031]三井物産 銘柄解説ページ

三井物産[8031]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2018.07.02

[8031]三井物産 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER7.71倍
PBR0.81倍
ROE10.9%
予想配当利回り3.77%
最終データ更新日2018年7月2日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年3月期238.1554.05
2013年3月期168.7433.27
2014年3月期192.2594.04
2015年3月期171.0643.97
2016年3月期-46.5644.94
2017年3月期167.0553.41
2018年3月期178.1→237.760→703.84
2019年3月期(予想)241.170-

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。