NTTドコモ[9437] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

9437NTTドコモ配当金受領日記

この記事は、国内3大通信株の一角であり、手堅い業績とその高配当でおなじみの[9437]NTTドコモの過去の受取配当金・事業報告書のまとめ記事です。2018年3月期以降の受取配当の報告、ならびに、過去の事業報告書で気になったネタを時系列でご紹介したいと思います。

なお、[9437]NTTドコモの銘柄紹介は記事の長さの関係で別ページとしています。興味のある方は、合わせてご覧いただければと思います。

NTTドコモ[9437]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2018.06.25



[9437]NTTドコモ 過去の受け取り配当金 まとめ

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2018年3月期 期末3005012,70312,703

[9437]NTTドコモ 配当金受領報告と事業報告書

国内3大通信株の一角としておなじみの[9437]NTTドコモ。2017年末ごろから[4755]楽天が携帯電話に参入するというニュースがあり、一旦株価は大きく調整する場面がありましたが、2018年6月現在では株価は元の水準に戻ってきています。連続増配は2019年3月期も継続の見込みとなっていますね。

[9437]NTTドコモ 2018年3月期 期末配当金と期末報告書から

9437NTTドコモ2018年3月期期末配当金

[9437]NTTドコモ 2018年3月期 期末配当金

  • 保有株数:300株
  • 1株配当:50円
  • 税引後受取配当金:12,703円

[9437]NTTドコモ 2018年度の株主還元について

9437NTTドコモ株主還元について

連続増配はもちろんのこと、自己株式の取得にも積極的です。

さて、今回の[9437]NTTドコモの事業報告書からは、同社の2018年度の株主還元についてご紹介することにしたいと思います。

2014年3月期からは連続増配の続いている同社。それ以前も、過去を振り返ってみると2000年度からは少なくとも2年に1回は増配を繰り返してくれておりまして、2019年3月期の110円の配当予想は10年前と比べると約2倍、20年前と比べると約50倍の水準に達しています。

それに加え、最近は自己株式の取得にも積極的ですね。昨年、2018年3月期についても3,000億円を上限とする自己株式の取得枠を設定し、その3,000億円の枠をきちんと使い切りました。これからも、配当・自己株式の両面からの株主還元に期待したいところですね。




[9437]NTTドコモ 銘柄解説ページ

NTTドコモ[9437]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2018.06.25

[9437]NTTドコモ 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER15.25倍
PBR1.78倍
ROE13.3%
予想配当利回り3.92%
最終データ更新日2018年6月25日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年3月期111.9564.08
2013年3月期119.5604.22
2014年3月期112.1603.69
2015年3月期101.6653.12
2016年3月期141.3702.74
2017年3月期175.1803.09
2018年3月期168.0→189.8→201.71003.68
2019年3月期(予想)184.01103.92

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。