沖縄電力[9511] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

9511沖縄電力配当金受領日記

この記事は、沖縄県を代表する企業であり、電力株ではありながら、実は高配当株式というわけではない[9511]沖縄電力の過去の受取配当金・事業報告書のまとめ記事です。2018年3月期以降の受取配当の報告、ならびに、過去の事業報告書で気になったネタを時系列でご紹介したいと思います。

なお、[9511]沖縄電力の銘柄紹介は記事の長さの関係で別ページとしています。興味のある方は、合わせてご覧いただければと思います。

沖縄電力[9511]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2018.07.11



[9511]沖縄電力 過去の受け取り配当金 まとめ

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2018年3月期 期末220305,5905,590

[9511]沖縄電力 配当金受領報告と事業報告書

沖縄県を代表する企業の1つである[9511]沖縄電力。日本はすでに人口減少社会に突入してしまっていますが、沖縄県の人口推移は堅調でありまして、同じく沖縄銘柄の[9436]沖縄セルラー電話とともに、これからも堅調に推移してくれるのではないかと期待している銘柄です。ただ、配当水準は控えめでありまして、その配当利回りは2%台(2018年7月現在)です。やや物足りないですね。

沖縄セルラー電話[9436]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.06.13

[9511]沖縄電力 2018年3月期 期末配当金と期末報告書から

9511沖縄電力2018年3月期期末配当金

[9511]沖縄電力 2018年3月期 期末配当金

  • 保有株数:220株
  • 1株配当:30円
  • 税引後受取配当金:5,590円

[9511]沖縄電力 発電能力の構成について

9511沖縄電力の電源設備

原子力発電所を有していないのが特徴の1つです。

さて、今回の[9511]沖縄電力の事業報告書からは、発電能力の構成についてご紹介することにしたいと思います。

最近は国内の原子力発電所はできるだけ再稼働へ・・という方向に動いているように思います。原発の是非はさておきとして、[9511]沖縄電力は国内の地域電力では唯一原子力発電所を有していない銘柄であったことから、震災以降の原発政策のゴタゴタの影響を受けることなく、安定した業績推移を続けてくれました。

2018年3月現在の[9511]沖縄電力の発電能力を見ると、石炭が35%、石油が40%、LNGが25%という構成となっています。資源価格の影響を受けやすい構成だとは思いますが、その一方で、発売電力量の方は安定的に推移しているので、資源価格の影響で、一時的に業績が落ち込むことがあってもあまり心配することはないのではないかとかんがえています。




[9511]沖縄電力 銘柄解説ページ

沖縄電力[9511]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2018.07.11

[9511]沖縄電力 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER25.13倍
PBR0.81倍
ROE4.1%
予想配当利回り2.54%
最終データ更新日2018年7月11日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年3月期141.619.41.76
2013年3月期87.919.41.88
2014年3月期96.319.41.72
2015年3月期91.519.41.38
2016年3月期67.529.11.98
2017年3月期102.143.62.27
2018年3月期106.1→117.6481.96
2019年3月期(予想)94.160-

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。