たっちゃんのマネックス証券のワン株(単元未満株)で国内高配当株式投資生活 12週目

monexマネックスワン株で国内高配当株式生活

この記事では、2019年の1月からたっちゃんが実践しているマネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築について、ご紹介したいと思います。実際に、私が投資している銘柄と投資成績をご紹介したいと思います。

なお、マネックス証券のワン株サービス自体については、記事の長さの関係で、下記の記事にてご紹介しています。興味のある方は合わせてご覧いただければと思います。

マネックス証券 ワン株(単元未満株)を用いた国内高配当株ポートフォリオの構築方法

2019.01.30



ワン株を使った 国内高配当株ポートフォリオ 現在の保有銘柄一覧

保有株の名称保有株数(株)
最終更新日2019年4月11日
[1419]タマホーム9
[1430]ファーストコーポレーション13
[1808]長谷工コーポレーション15
[1871]ピーエス三菱15
[1898]世紀東急工業16
[1929]日特建設17
[2674]ハードオフコーポレーション12
[2914]日本たばこ産業8
[3156]レスターHD5
[3244]サムティ14
[3271]THEグローバル社21
[3294]イーグランド30
[3299]ムゲンエステート16
[3465]ケイアイスター不動産6
[3467]アグレ都市デザイン16
[4188]三菱ケミカルHD12
[4544]みらかHD4
[5015]BPカストロール7
[5352]黒崎播磨2
[5411]JFEHD5
[5857]アサヒホールディングス10
[6121]滝沢鉄工所6
[6393]油研工業6
[6461]日本ピストンリング6
[6540]船場11
[6915]千代田インテグレ5
[7148]FPG20
[7201]日産自動車22
[7270]SUBARU4
[7284]盟和産業9
[7414]小野建設7
[7593]VTホールディングス25
[7637]白銅6
[8035]東京エレクトロン1
[8053]住友商事6
[8078]阪和興業3
[8214]AOKIホールディングス8
[8304]あおぞら銀行8
[8542]トマト銀行10
[8563]大東銀行16
[8591]オリックス6
[8707]岩井コスモ証券16
[8714]池田泉州ホールディングス34
[8869]明和地所35
[8869]タカラレーベン29
[8940]インテリックス15
[9110]NSユナイテッド海運4
[9437]NTTドコモ5
[9769]学究社8
[9810]日鉄住金物産2

ワン株を使った 国内高配当株ポートフォリオ 投資成績

最終更新日2019年4月19日
投資元本611,765円
保有銘柄の時価609,442円
評価損益-2,323円
評価損益率-0.04%



ワン株を使った 国内高配当株投資日記

さて、ここからがマネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築日記の本編となります。

この日記は、週に1回更新しているものでして、一番新しい日記がページの一番上に表示されるようになっています。新規でこのページをご覧になる方にとっては、逆順の方が見やすいと思うのですが、定期的にご覧になってくださる方のためにこのような表示になっていることをご了承ください。

ワン株を使った 国内高配当株投資日記(12週目/2019年4月19日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築11週目。今週買い増しした銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [3244]サムティ:7株
  • [3294]イーグランド:15株
  • [7148]FPG:10株
  • [8304]あおぞら銀行:4株
  • [8869]明和地所:18株

今週は、国内株式が堅調であったことから、私の高配当ポートフォリオの時価も回復し、2019年4月19日時点ではほぼトントンの成績となっています。この企画がはじまってから3ヶ月。その期間中の日経平均が5%程度上昇していることを思うと、ちょっとイマイチな投資成績かもしれませんが、株価指数にも負けてしまうのが私の定番のオチなので、それはそれで良しということにしたいと思います。




ワン株を使った 国内高配当株投資日記(11週目/2019年4月11日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築11週目。今週買い増しした銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [1808]長谷工コーポレーション:7株
  • [2914]日本たばこ産業:4株
  • [5857]アサヒホールディングス:5株
  • [7201]日産自動車:11株
  • [8707]岩井コスモ証券:8株

先週で、目標としていた50銘柄の購入が終了しましたので、今週からは基本的には買い増しとなります。また今週からはヤフーファイナンスの高配当銘柄検索ページの一番上から順番に買っていくことになるので、今週は配当利回り6%前後の銘柄ばかりを買うことになりました。

2週連続で[8707]岩井コスモ証券を買っていたり、本当に配当が維持されるのか・・とちょっと心配な[7201]日産自動車を買ったりしてしまっていますが、そういう主観を省いてルールに従って投資するというのが自分のモットーなので、何を買っているかは特に気にせず、毎週5万円ずつ投じていきたいと思います。

ワン株を使った 国内高配当株投資日記(10週目/2019年4月4日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築10週目。今週購入した銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [1929]日特建設:17株
  • [8707]岩井コスモ証券:8株
  • [8897]タカラレーベン:6株
  • [9437]NTTドコモ:5株
  • [9769]学究社:8株

今回の購入で保有銘柄数が全部で50に達しました。ということで、来週からは時価が小さい銘柄の買い増しが基本線となります。ただ、買い増しの際に改めて配当の状況をチェックし「減配して高配当株式ではなくなっている」ときは、その銘柄は損切りすることにします。

単純に「減配」をしているだけで損切りしても良いかと思ったのですが、そうすると将来的に損切り続出となってしまいそうですので、とりあえずの「小規模な減配」だけではセーフとすることにしました。さて、現在保有している50銘柄の中で、不名誉な「最初の損切り」になってしまう銘柄はどれなのでしょうか?




ワン株を使った 国内高配当株投資日記(9週目/2019年3月28日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築9週目。今週購入した銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [1871]ピーエス三菱:15株
  • [4544]みらかHD:4株
  • [7637]白銅:6株
  • [8078]阪和興業:3株
  • [9110]NSユナイテッド海運:4株

今週は、3月配当の配当落ちの週だったので、株価が先週に比べて大きく下落しているものが多く、ポートフォリオの騰落率が先週比で-3.4%と大コケになってしまいました。理論上、高配当株の方が配当による権利落ちの金額が大きいので、権利落ちで泣くのは致し方ないことと言えると思います。

また、今週購入した[1871]ピーエス三菱は2019年3月期に18円→32円に増配した銘柄ながら、このうち12円が特別配当であると明記されているので、ポートフォリオに組み入れるか迷いました。ただ、翌期に特別配当分が消えて20円まで減配したとしても、配当利回り3%は超えていますし、組み入れ金額も1万円程度と少額なので、組み入れることにしました。

ワン株を使った 国内高配当株投資日記(8週目/2019年3月22日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築8週目。今週購入した銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [6393]油研工業:6株
  • [6461]日本ピストンリング:6株
  • [7284]盟和産業:9株
  • [8563]大東銀行:16株
  • [9810]日鉄住金物産:2株

2019年3月22日時点のワン株ポートフォリオの評価損益率は+1.85%でありまして、先週までの評価損益率マイナスの状態からは脱出することができました。それ自体は喜ばしいことではあるのですが、先週比でポートフォリオの評価損益率が2.7%も変動しているんですよね。

メインの配当金生活のポートフォリオは、非常に安定的に推移しており、月単位で2%変動するのは滅多にないのですが、ワン株ポートフォリオのように株式100%のポートフォリオは、いくら高配当株の集合体とはいえ週に1桁台後半%程度の変動は上にも下にも覚悟しておかなくてはいけないんでしょうね。




ワン株を使った 国内高配当株投資日記(7週目/2019年3月14日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築7週目。今週購入した銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [6121]滝沢鉄工所:6株
  • [6915]千代田インテグレ:5株
  • [7414]小野建設:7株
  • [8035]東京エレクトロン:1株
  • [8591]オリックス:6株

今週は、配当金生活のポートフォリオの方でもおなじみの銘柄である[8591]オリックスがポートフォリオに加わりました。同社は、そろそろ景気サイクルの兆しが見えているからなのか、リース基準の見直しが入るからなのか、どういう理由からはわかりませんが、最近の株価が軟調に推移しているため、配当利回りが高まっていますね。

景気の変動の影響を受けやすい、という点では個人的にオススメできる銘柄ではないのですが、5%近い配当利回りだけではなく、人気のふるさと優待もあるので、見た目利回りからはオススメできる銘柄です。

オリックス[8591]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.12.27

ワン株を使った 国内高配当株投資日記(6週目/2019年3月7日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築6週目。今週購入した銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [1419]タマホーム:9株
  • [1898]世紀東急工業:16株
  • [3465]ケイアイスター不動産:6株
  • [8053]住友商事:6株
  • [8542]トマト銀行:10株

毎週のように不動産系ばかりがポートフォリオに組み入れられると嘆いていますが、今週も[1419]タマホームと[3465]ケイアイスター不動産が直球の不動産系でした。[1898]世紀東急工業は建設系ではありますが、道路の舗装がメインの事業ということなので、こちらはセーフですね。

また、先週までは絶好調だったワン株を使った 国内高配当株ポートフォリオですが、今月は急ブレーキとなり、先週比で騰落率が-2%程度と大きく下落してしまいました。来週には含み損になってしまいそうな勢いですね。ここらで踏みとどまってくれるでしょうか?




ワン株を使った 国内高配当株投資日記(5週目/2019年2月28日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築5週目。今週購入した銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [3467]アグレ都市デザイン:16株
  • [7593]VTホールディングス:25株
  • [3299]ムゲンエステート:16株
  • [8214]AOKIホールディングス:8株
  • [4188]三菱ケミカルHD:12株

3週目の時に購入した5銘柄のうち4銘柄が不動産系だと嘆いていましたが、今回も2銘柄が不動産系となってしまっています。不動産系だからダメだというわけではないのですが、不動産系は景気の変動の影響を受けやすいという先入観から、普段の配当金生活のポートフォリオでは意図的に不動産系の銘柄はなるべく買わないようにしています。

とはいえ「いつ景気が悪くなるか」なんて誰にもわからないことですし、この企画のような「機械的に購入」する投資手法で不動産株がガンガンポートフォリオに組みれられて行くのは、悪くはないことなのかもしれませんね。結果的には大損してしまうかもしれませんけどね。

ワン株を使った 国内高配当株投資日記(4週目/2019年2月21日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築4週目。今週購入した銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [6540]船場:11株
  • [1808]ハードオフコーポレーション:12株
  • [5411]JFEHD:5株
  • [3244]サムティ:7株
  • [3156]UKCHD:5株

3週目までに購入してきた銘柄は全て購入時点では配当利回り5%台以上でしたが、今回購入している銘柄からは4%台のものが含まれてきています。ただ、4%台後半の配当利回りのものは多いので、これからしばらくの間は4%台後半のものを買い続けることになりそうですね。




ワン株を使った 国内高配当株投資日記(3週目/2019年2月14日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築3週目。今週購入した銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [1430]ファーストコーポレーション:13株
  • [1808]長谷工コーポレーション:8株
  • [3271]THEグローバル社:21株
  • [8714]池田泉州ホールディングス:34株
  • [8869]明和地所:17株

ルールに従って機械的に購入しているので、たまにはこういうこともあると思うのですが、今週買った銘柄は不動産系ばかりとなってしまいましたね。不動産は今がピークではないか?と思うので、リート以外の不動産銘柄は正直買いにくいと思います。しかしながら、そう思っている人が多いからか、不動産系は相対的に高配当の銘柄が増えていますよね。

ワン株を使った 国内高配当株投資日記(2週目/2019年2月7日)

マネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築2週目。今週購入した銘柄は、下記の通りとなりました。

  • [5857]アサヒホールディングス:5株
  • [5015]BPカストロール:7株
  • [8940]インテリックス:15株
  • [7148]FPG:10株
  • [2914]黒崎播磨:2株

1週目に購入した銘柄をざっとみてみると、[8304]あおぞら銀行が1月31日に発表した決算がイマイチで、いきなり株価が大きく下落して-7%台となっていました。ただ、過去の投資生活を振り返ると決算を気にせずに買って、いきなり-20%スタートなんてもの(下記の銘柄です)もありましたので、これくらいでは動じません。

メーシーズ[M]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2019.04.18



ワン株を使った 国内高配当株投資日記(1週目/2019年1月31日)

今回から始まったマネックス証券のワン株サービスを使った国内高配当株ポートフォリオの構築。まずは、1週目に購入した銘柄をご紹介したいと思います。

1週目ということで、ヤフーファイナンスの高配当銘柄検索ページの一番上から見ていくことになりますが、今期特別配当の[7480]スズデンや[8628]松井証券、上場廃止予定の[5002]昭和シェル石油などが除外となりまして、初回の購入は下記の銘柄となりました。

今回購入した銘柄は[7201]日産自動車や、[2914]日本たばこ産業などもともと配当金生活のポートフォリオで保有している銘柄といくつか被っていますね。さて、次回は来週木曜日2月7日に購入する予定です。どういう銘柄を購入することになるんでしょうね。

  • [7201]日産自動車:11株
  • [7270]SUBARU:4株
  • [3294]イーグランド:15株
  • [8304]あおぞら銀行:3株
  • [2914]日本たばこ産業:4株

単元未満株の取り扱いのある主なネット証券

証券会社の名称取引手数料(税抜)
最終更新日2019年2月6日
マネックス証券 ワン株約定金額の0.5%(最低手数料 48円)
SBI証券 S株約定金額の0.5%(最低手数料 50円)
カブドットコム証券 プチ株約定代金の0.5%(最低手数料 48円)


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。