50万円相当のあの株主優待がついに終了へ [8591]オリックス 2020年3月期中間配当金

8591オリックス2020年3月期中間報告書

今回の記事では、[8954]オリックス不動産投資法人とともに、ポートフォリオで長年保有している銘柄である[8591]オリックスをご紹介します。この記事を更新している時点で4%台の高配当銘柄であるだけではなく、株主優待銘柄としても人気の高い銘柄です。

オリックス[8591]といえば、かつては野球チームのオリックス・ブルーウェイブを運営しており、自分の周りの友達の間では結構な人気がありました。今は、大阪本拠のオリックス・バファローズになってしまったので、自分はファンではなくなりましたが、それでも関西に本拠地のある野球チームということで、贔屓にはしています。




[8591]オリックス 2018年3月期以降の受取配当金

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2020年3月期 中間300358,54228,005
2019年3月期 期末300(+100)4611,22819,463
2019年3月期 中間200(+100)304,9328,235
2018年3月期 期末100393,3033,303

[8591]オリックス 2020年3月期中間配当金

8591オリックス2020年3月期中間配当金

[8591]オリックス 2020年3月期 中間配当金

  • 保有株数:300株
  • 1株配当:35円
  • 税引後受取配当金:8,542円

[8591]オリックス あの50万円相当の株主優待がついに終了へ

8591グッドタイムリビングの株主優待

50万円相当の割引が魅力だったあの優待がついに終了です。

さて、今回の[8591]オリックスの中間報告書からのネタとしては、同社の「グループ優待」をご紹介することにしたいと思います。同社の優待といえば「ふるさと優待」が当サイト内で話題ですが、そのふるさと優待は3月権利確定のみで、グループ優待とは別のものになります。

オリックス[8591]の株主優待 自社取引先取扱商品等カタログギフト(ふるさと優待)のまとめ

2019.08.13

今回のネタとしてご紹介するのは、同社が2019年の8月まで運営してきた有料老人ホームの「グッドタイム・リビング」と「プラテシア」の優待についてです。

今まで[8591]オリックス系列の会社が経営してきたこの両サービス。今まで

  1. グッドタイムリビング:30万円
  2. プラテシア:50万円

の入居時費用が割引されるという、10万円台で買える株式としては破格の優待サービスとなっていたのですが、この優待は「グッドタイム・リビング」と「プラテシア」が大和系の企業に売却されてしまったため、今回で最後ということになります。いずれ利用するかも?と思っていただけに残念ですね。

[8591]オリックス 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER7.69倍
PBR0.78倍
ROE11.6%
予想配当利回り4.22%
最終データ更新日2019年12月26日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2020年3月期(予想)261.4→234.176-
2019年3月期253.6→252.968→764.78
2018年3月期226.6→244.452.25→63→663.52
2017年3月期208.952.253.18
2016年3月期198.745.752.85
2015年3月期179.5362.13
2014年3月期147.3231.58
2013年3月期102.9131.09

[8591]オリックス 詳しい銘柄紹介ページはこちらです

オリックス[8591]の株主優待制度・業績と配当金推移

2019.12.26


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。