スペース[9622] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

9622スペース配当金受領日記

この記事は、商業施設のディスプレーの分野では大手で、配当金生活の初期のころから高配当株式として私のサイトの中ではおなじみの[9622]スペースの過去の受取配当金・事業報告書のまとめ記事です。2017年12月期以降の受取配当の報告、ならびに、過去の事業報告書で気になったネタを時系列でご紹介したいと思います。

さて、[9622]スペースの銘柄紹介は記事の長さの関係で別ページとしています。銘柄の紹介自体に興味があるという方は、下記の記事も合わせてご覧いただければと思います。

スペース[9622]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2018.04.08



[9622]スペース 過去の受け取り配当金 まとめ

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2017年12月期 期末300307,6227,622

[9622]スペース 配当金受領報告と事業報告書

スペース[9622]は商業施設のディスプレー企画や設計をメインとしている会社です。元々は、名古屋を地盤としていた会社なのですが、今は本社を東京に移しています。地盤の東海エリアだけではなく、首都圏や関西エリアをはじめとして全国各地でディスプレーの案件を受注していますね。

同社の顧客企業は基本的には商業系の施設がメインとなっています。つまりは、商業施設の売り上げの変動≒景気の変動の影響を受けやすそうではあるのですが、よくよく考えると景気が悪かったとしても「テコ入れ」として商業施設のリニューアルは行われるような気がします。そう思うと「純粋な小売業よりも景気変動への耐性はある」という考え方もアリなのではないでしょうか。

[9622]スペース 2017年12月期期末 期末配当金と事業報告書

9622スペース2017年12月期配当金

[9622]スペース 2017年12月期 期末配当金

  • 保有株数:300株
  • 1株配当:30円
  • 税引後受取配当金:7,622円
9622GODIVAのトータルプロデュース

内装に限らず、幅広くプロデュースを行いました。

さて、今回は[9622]スペースの事業報告書からは、2017年8月にオープンした「ATELIER de GODIVA」をご紹介したいと思います。通常であれば、[9622]スペースが行うのは「内装の企画・設計・施工」ということになるのですが、こちらの店舗は内装だけに限らず「ロゴデザイン・サービスのオペレーション・マーケティングの提案」などのトータルプロデュースを行いました。

内装業者である[9622]スペースは、その業務に特化するべきでは?という考え方もあると思いますが、その周辺のサービスも提供できるようにして、結果的に利益が向上するのであればそれはそれで悪くはないことだと思います。内装以外にもノウハウを積み重ねて、将来的にはトータルプロデュースできる店舗を増やしてほしいと思います。



[9622]スペース 銘柄解説ページ

スペース[9622]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2018.04.08

[9622]スペース 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER17.48倍
PBR1.35倍
ROE9.6%
予想配当利回り3.38%
最終データ更新日2018年4月8日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年12月期41.425.54.13
2013年12月期69.936.4(特)4.34
2014年12月期72.841.8(特)3.95
2015年12月期92.245.5(特)3.63
2016年12月期89.845.54.05
2017年12月期103.150(特)3.08
2018年12月期(予想)84.650-

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。