吉野家HD[9861]の株主優待利用日記

9861吉野家HD株主優待利用日記

この記事は、全国に牛丼チェーンの「吉野家」を展開しており、株主優待銘柄としてもおなじみの[9861]吉野家HDの株主優待利用日記です。実際に[9861]吉野家HDの株主優待券を使ってお食事を楽しんだ時の様子を、購入した商品の写真を交えながらご紹介することにしたいと思います。

なお、[9861]吉野家HDの株主優待券は吉野家のお店で使う人が多いと思うのですが、実は[9861]吉野家HDの展開するブランドは多岐に渡っており、お寿司にステーキ・うどんにピザと色々な優待券を利用できるブランドがあります。当ページでも順次ご紹介していきますが、今の時点で知りたいという方は下記の銘柄紹介ページをご覧ください。

吉野家HD[9861]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.06.04



[9861]吉野家HD 株主優待制度(年2回2,8月)

優待内容優待食事券
100株以上3,000円相当
1,000株以上6,000円相当
2,000株以上12,000円相当
読者代表
[9861]吉野家HDの優待券は冷凍食品セットとも交換できるそうですね
たっちゃん
以前はお店でしか使えなかった[9861]吉野家HDの優待券ですが、最近は冷凍食品セットに交換するという選択肢が誕生しました。なお、2017年8月に権利確定した優待の場合は、株主優待券3,000円分を同封の封筒で返送すると代わりに『外販商品詰め合わせセット』をゲットすることができます。
9861吉野家HD2017年8月権利確定分株主優待券

[9861]吉野家HD 2017年8月権利確定分株主優待券 期限約1年

[9861]吉野家HD 株主優待利用日記

2009年に配当金生活をスタートさせる前の2005年から延々と保有している[9861]吉野家HD。昨年になって、最も古い2003年から保有し続けてきた[9887]松屋フーズを売ってしまったので2018年3月時点では、たっちゃんの保有している銘柄の中で、もっとも保有期間の長い銘柄ということになります。

最近は株価の上昇で優待利回り面の妙味は小さくなってしまいましたが、同社の業績低迷時は優待金額が年6,000円なのに、最低投資単位が10万円前後で優待利回りだけで6%前後という時代が長く続きました。この時代に買ったという方は優待と株価上昇でダブルでうれしい結果となっていますね。

2018年8月 鶏も、夏はポン酢でおろし牛カルビ定食

今回は、7月26日から販売を開始している「大根おろし系」の商品をご紹介したいと思います。今年の夏は非常に暑い日が続きましたが、そんな時にうれしいちょっとさっぱり系の商品ですね。

9861吉野家HDおろし牛カルビ定食

お値段は650円。株主優待券を2枚使えます。

この期間限定企画では「ねぎ塩牛カルビ丼」「ねぎ塩豚丼」「ねぎ塩鶏丼」の3種類のどんぶりにそれぞれを定食形式にしたもの3種類の合計6つの期間限定商品が発売されていました。今回は、そのうち株主優待券を使いやすい価格設定となっている「おろし牛カルビ定食」をいただいています。

吉野家の普通の牛カルビ定食は640円という設定であり、今回のおろし牛カルビ定食の650円とほとんど値段設定は変わりません。カルビのタレなどの違いもあるといえばあるのですが、おろしがついて10円の違いなのであれば個人的にはおろし牛カルビ定食の方が得なのではないかと思いました。販売期間中にもう一回は食べに行きたいですね。



2018年4月 鶏も、うまいぞ 鶏すき丼

今回は、4月26日からリニューアルの上新発売となったメニューである「鶏すき丼」をご紹介することにしたいと思います。

9861吉野家鶏すき丼

380円の牛丼よりも高い450円という価格設定は?

牛丼・豚丼に続く定番メニューを目指して新登場した[9861]吉野家HDの鶏すき丼。新鮮な鶏モモ肉を蒸した上で、注文を受けてから甘辛のタレで焼き上げるというやや手間のかかった一品です。そう思うと、牛丼の380円よりも高めの価格設定もやむなしなのでしょうか。ネットニュースなどを見ると、このタレが甘すぎるという声もありますが、私はちょうど良い味加減だと思いました。

今回は、家族3人で食べるために大盛を2つ買ってきました。しかしながら、今回の大盛りはバイトさんのさじ加減でご飯が多すぎたのか、家族3人でも一発で食べきることができませんでした。300円単位の優待券を3枚キレイに使い切れる並盛り2個(900円)の方が良かったのかもしれませんね。



2018年3月 味をブラッシュアップ 新味豚丼

今回は、3月8日からリニューアルの上新発売となったメニューである「新味豚丼」をご紹介することにしたいと思います。

読者代表
前の豚丼が好きだったんですけど、なくなっちゃったんですか?
たっちゃん
残念ながらお店での販売は終了ということになりますが、楽天市場などで扱っている冷凍食品の方はまだまだ現役で前の豚丼を販売しています。こちらも、いずれは終了ということになってしまうと思いますので、前の味が恋しいという方は、今のうちに買っておいた方が良いのかもしれませんね。
9861吉野家新味豚丼

3月8日からリニューアル。お値段は350円です。

それはさておき、こちらが今回のメインテーマとなる「新味豚丼」です。今回のリニューアルのポイントは、提供される前に和えられている甘辛いタレですね。確かに今までの豚丼とは違った味わいが楽しめているように思います。牛丼との味の違いが少し大きくなりましたし、その味も美味しいと思いますので、個人的にはまあまあ良いリニューアルではないかと思いますね。

参考商品:吉野家の冷凍豚丼(通販の商品)

2018年2月 見た目を裏切る本格派 白カレー

さて、少し前の話になるのですが、[9861]吉野家HDの吉野家のお店では、2018年1月11日から期間限定で「白カレー」という商品を販売しています。カレー好きの私なので、一度食べてみようと思いまして、優待券を握りしめて自転車で吉野家のお店に向かいました。

9861吉野家HD見た目は牛丼?

あれ?白カレーを頼んだんじゃなかったっけ?

こちらが、白カレー?と思いきや、見た目はどう見ても牛丼ですよね。実は、今回はシンプルな白カレーではなく、牛皿が上に乗っている「牛白カレー」という商品を頼んだのです。上記の写真は、その白カレーをかける前の写真となっていますね。今回は持ち帰りで頼んだのですが、白カレーだけは別容器にて提供されています。

9861吉野家HD牛白カレー

白カレーをかけて牛白カレー完成です。

ということで、別皿で提供されていた白カレーをかけて「牛白カレー」の完成です。公式ページにも「インスタ映えしない」と書かれているように、写真はイマイチに思えますよね。

また、写真を見る限りは「クリームシチュー」のような味なのかと思いきや、意外にちゃんとしたカレーの味でそのギャップが面白かったと思います。ただ、美味しいかと言われると自分としては「牛皿とこのカレーは合わない」と思いました。純粋に白カレーを楽しむのであれば、牛皿はのせない方が良いと思いますね。



2018年1月 持ち帰りできるようになった牛すき鍋膳

最近は[9861]吉野家HDの冬の定番メニューとしておなじみとなった牛すき鍋膳。「鍋なのに持ち帰り?」とツッコミされる方もいらっしゃると思うのですが、最近は専門の容器が開発されて持ち帰ることもできるようになりましたね。

9861吉野家牛すき鍋膳

やはりお店で食べた方が美味しい気はしますが、これはこれでいいですね。

ということで、牛すき鍋膳をお持ち帰りしてきました。お値段は650円です。店で食べる場合は、グツグツ煮ながら食べるので、お野菜をめちゃくちゃしなしなするまで煮ることもできるのですが、家で食べる場合は自分の感覚だと「野菜の煮具合がちょっと控えめ」なのがいまいちだと思いました。ただ、それは店で食べる場合と比べただけであって、料理としては十分に美味しいと思います。

9861旨辛味噌牛鍋膳

まあまあ美味しかったと思いますが、もう販売終了していました。

そして、もう1つ注文してきたのは東海・北陸・近畿地方限定で発売していた「旨辛味噌牛鍋膳」です。こちらは、この部分を執筆している2月後半の時点ではもう販売終了してしまっていますね。やはり、普通の鍋膳に比べると売り上げがイマイチだったのでしょうか。お値段は普通の鍋膳より高い680円ですが、自分も普通の鍋膳の方が美味しいと思いました。販売終了もやむなし?



お店では食べられない!? 通販:吉野家の国産牛すき焼き

[9861]吉野家HD 銘柄解説ページ

吉野家HD[9861]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.06.04

[9861]吉野家HD 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER73.07倍
PBR2.15倍
ROE2.2%
予想配当利回り1.05%
最終データ更新日2018年8月13日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年2月期25.8201.89
2013年2月期-7.1201.89
2014年2月期13.6201.47
2015年2月期16.2201.54
2016年2月期13.1201.42
2017年2月期19.4201.22
2018年2月期29.6→23.1201.04
2019年2月期(予想)26.120-

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。