配当金生活のたっちゃんの国内債券・海外債券の利金受領日記

bonds国内債券海外債券利金受領日記

この記事では、個別の記事でご紹介するまでもない生の国内債券・海外債券の利金の受取状況をご紹介したいと思います。ご紹介対象は、個人向け国債、SMBC日興証券で購入している米国債などの海外債券、SBI証券で購入している新興国通貨の債券が中心となります。なお、個人向け国債については個別の銘柄紹介記事もありますので、興味のある方はそちらも合わせてご覧ください。




たっちゃんの国内債券・海外債券の利金の受取状況

さて、ここからは私たっちゃんの2018年1月以降の国内債券、海外債券の利金の受取状況をご紹介したいと思います。基本的には個々の銘柄の詳細については言及していませんので、数字の羅列という退屈なページになってしまうことをご了承ください。いずれ、良いネタを思いつきましたら、その都度追加していきたいと思っています。

国内債券 利金受取状況

 債券の種類保有元本(円)適用利率(%)今回の税引後利金(円)税引後の累計分配金(円)
2018年8月15日個人向け国債150万0.053009,974
2018年7月15日個人向け国債1,150万0.052,2949,674
2018年5月15日個人向け国債100万0.052007,380
2018年3月30日SBI債100万0.501,9937,180
2018年3月15日個人向け国債300万0.056004,587
2018年1月15日個人向け国債2,000万0.053,9873,987
読者代表
最近はそうでもなくなってしまいましたが、以前は高利回りの債券といえばSBI債が有名でしたよね。
たっちゃん
そうですね。最近は上記の表のように0.5%程度の利率で発行されることが多くなってしまいましたが、以前はSBI債といえば1%台の後半から2%程度の利率で発行されることも珍しくありませんでした。今の0.5%程度の利率も他の債券の利回りと比較すると決して悪いものではないのですが、SBI債同士の比較、と言う観点からいうとちょっと物足りないものとなってしまっていますね。



海外債券 利金受取状況 先進国債券編

 債券の種類保有元本適用利率(%)今回の税引後利金今回の税引後利金(円)税引後の累計分配金(円)
2018年5月15日アメリカ国債9,000$1.62558.28$6,42967,725
2018年5月15日アメリカ国債9,000$2.5089.66$9,89061,296
2018年4月16日オーストラリア国際17,000AU$4.50304.81AU$25,20251,406
2018年3月15日オーストラリア国債11,000AU$5.25230.11AU$19,19226,204
2018年2月28日ギリシャ国債2,205ユーロ3.0053.00ユーロ7,0127,012
読者代表
たっちゃんさん、個々の債券には言及しないということなのですが、ギリシャ国債くらいは言及すべきではないですか?
たっちゃん
ギリシャ国債は旧ブログを執筆スタートした2012年ごろは欧州債務危機で非常に盛り上がった話題だったのですが、最近はその危機の存在をすっかり忘れられてしまっていますよね。かつては、ギリシャ国債を買ってしまった個人投資家として新聞にも登場したことのあるたっちゃんだったのですが、今更新しいネタもないので、こちらの新サイトの方ではギリシャ国債についても独立のページは作らないつもりです。興味のある方のために、参考までにギリシャ国債関係の旧ブログの記事をご紹介しておきます。



海外債券 利金受取状況 新興国債券編

 債券の種類保有元本適用利率(%)今回の税引後利金今回の税引後利金(円)税引後の累計分配金(円)
2018年6月25日ロイズ銀行10,000BRL10.20510.0BRL12,11243,525
2018年6月22日シティグループ10,000BRL11.50575.0BRL13,65531,413
2018年6月18日ノルウェー地方金融公社10,000BRL10.00500.0BRL11,22917,758
2018年5月21日HSBC社債5,000BRL10.80270.0BRL6,5296,529
読者代表
たっちゃんさんの保有しているブラジルレアル建て社債は利率10.0%~11.5%もあるんですね。
たっちゃん
そうですね。最近の新発の債券ではあまり見られなくなってしまいましたが、かつてはブラジルレアル建ての社債で利率2桁というのはよく見られましたね。2018年7月ではトルコリラ建ての社債で10%を超えるものがよく見られます。かといって、トルコリラは円に対して弱くなる一方なので、見た目高利回りでも円建てで見るとちょっと?なオチが待っているかもしれません。その点は注意が必要ですね。



SMBC日興証券 既発外国債券 購入利回り 2018年7月31日時点

  1. アメリカ国債(残存2年4ヶ月):2.46%
  2. アメリカ国債(残存10年1ヶ月 ゼロクーポン):2.81%
  3. アメリカ国債(残存25年10ヶ月):2.99%
  4. オーストラリア国債(残存6年9ヶ月):2.36%
  5. オーストラリア国債(残存10年9ヶ月):2.52%
  6. ニュージーランド国債(残存14年9ヶ月):2.73%
読者代表
債券は期間の短いものが利回りが低く、期間の長いものが利回りが高いというイメージですが、それほど差がないんですね。
たっちゃん
そうですね。米国の場合の話をすると、最近はFRBの利上げの影響で期間の短い金利はどんどん上がっているのですが、10年国債以上の長期のものは短期ほどには反応していないのです。そのため、利回りがフラット化しているんですよね。過去の傾向からすると、こういう時は景気ピークアウトのサインということが多かったそうですが、今回も歴史は繰り返されてしまうのでしょうか?

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。