タッパーウェア・ブランズ[TUP]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

TUPタッパーウェア・ブランズアイキャッチ画像

この記事では、食品を保存する容器である『タッパーウェア』の販売でおなじみの会社である[TUP]タッパーウェア・ブランズのひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。皆さまも実際に使ったことがあるかはともかくとして、タッパーウェアという商品の名前自体はご存知だという方が多いのではないでしょうか?




[TUP]タッパーウェア・ブランズ 事業内容の紹介

TUPタッパーウェア・ブランズトップページ画像

上記の画像は[TUP]タッパーウェア・ブランズのトップページから引用

食品を保存する容器でおなじみの[TUP]タッパーウェア・ブランズ。当然ながら、タッパーウェアの販売がメインの会社ではあるのですが、それ以外にも6つのブランドを展開しています。タッパーウェア以外のブランドのサイトを見てみると、いずれも化粧品やヘルスケア・健康食品系の商品が中心となっているようですね。

[TUP]タッパーウェア・ブランズ 展開中のブランド

  • Tupperware
  • Avroy Shlain
  • BeautiControl
  • Fuller
  • NaturCare
  • Nutrimetics
  • Nuvo
読者代表
[TUP]タッパーウェア・ブランズは販売方法に特徴があるのですね。
たっちゃん
そうですね。[TUP]タッパーウェア・ブランズの販売方法は、同社のウェブサイトでは『Relationship-Based Selling』と紹介されています。簡単に言うと会員制の販売方法でありまして、紹介すればするほど紹介をした人がお得になるようなシステムなんだそうです。一部にはこういう形式の販売方式には非難もあるようですね。ただ、株主となる上ではそこまで気にする必要はないのではないかと思います。

[TUP]タッパーウェア・ブランズ 日本で販売中の商品の一例

[TUP]タッパーウェア・ブランズ 地域別の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[TUP]タッパーウェア・ブランズ ひとくちコメントとQ&A

北米、アジア、ヨーロッパ、南米に展開している[TUP]タッパーウェア・ブランズ。展開している国の数は100以上にのぼっていまして、登録をしている販売員の数は300万を超えています。日本国内では2010年代の今になって、こういう形式の販売は流行らないのでは!?と思えてなりません。ただ、同社の売上高自体は堅調なので、世界的に見ると悪くはない形式だということなんでしょうね。

読者代表
最近は[TUP]タッパーウェア・ブランズと似たような商品を安く買えますよね。
たっちゃん
確かに、パッと見ただけでは同じように見える商品が最近は安く買えますよね。私自身は使ったことがないので、商品の良否は判断できなません。ただ、[TUP]タッパーウェア・ブランズの商品は高いとはいえ、それなりに売れている(=業績が良い ただし2017年12月期は除く)んですよね。販売員の努力の成果なのかもしれませんが、それでも、ダメな商品であればそもそも売れることはないのでいかと思います。




[TUP]タッパーウェア・ブランズ たっちゃん独自レーティング

★☆☆☆☆(2019年10月22日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[TUP]タッパーウェア・ブランズの購入単価は61.81$となっています。2017年後半以降の株価大コケ&減配の影響もあり、株価は半分以下に下落。私の保有銘柄の中で最下位争いを繰り広げており、当然の★☆☆☆☆評価です。

[TUP]タッパーウェア・ブランズ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスより

さて、[TUP]タッパーウェア・ブランズの過去5年間の株価推移を見てみます。ここ数年、業績は一進一退の攻防となっていますので、株価の方それよりも悪い推移となっています。2017年の株価は夏までは好調だったのですが、2017年後半以降株価は大きく下落してしまっていますね。

配当利回りは一時9%台に乗る場面もありましたが、2019年1月30日に発表された減配のため、超高配当利回りではなくなってしまいました・・と思っていたら、その後株価が大きく下落し、2019年10月現在はまたまた配当利回り7%前後の超高配当株式となってしまっています。

[TUP]タッパーウェア・ブランズ 過去の受取配当金まとめ

 保有株数1株配当($)今回の税引後配当金($)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2019年10月720.2714.851,61425,448
2019年7月720.2714.861,58223,834
2019年4月720.2714.841,66322,252
2019年1月720.6837.454,11320,589
2018年10月720.6837.374,19516,476
2018年7月720.6837.384,16812,281
2018年4月720.6837.424,1178,113
2018年1月720.6837.413,9963,996

[TUP]タッパーウェア・ブランズ 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER5.18倍
PBR純資産マイナスのため算出なし
ROE同上
予想配当利回り6.81%
最終データ更新日2019年10月22日
 EPS($)配当金($)期末配当利回り(%)
2018年12月期4.322.728.62
2017年12月期-5.222.724.38
2016年12月期4.412.725.17
2015年12月期3.692.724.89
2014年12月期4.202.724.32
2013年12月期5.172.482.62
2012年12月期3.421.442.25
[TUP]タッパーウェア・ブランズ 超減配です
2018年までは年間2.72$のペースで配当が支払われてきましたが、2019年以降の四半期配当は0.27$と以前に比べて60%も減配されてしまっています。新規の投資はご注意ください。
読者代表
結局年間2.72$の配当は維持されませんでしたね。
たっちゃん
そうですね。配当性向が高くなっても配当は維持する会社が多い中、[TUP]タッパーウェア・ブランズの2.72$の配当はそこまで無理のある水準には思えなかったのですが、2019年1月30日に年1.08$ペースへの減配が発表されました。米国株はそう簡単に減配しないもの、と思っている方は多いと思いと思います。私もそう思って同社に投資していたのですが、中には同社のような会社もあるものなんですね。


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。