日本たばこ産業[2914](JT)の株主優待制度・業績と配当金推移

2914JTアイキャッチ画像

この記事では、国内を代表する超大型株でありながら、高配当銘柄であり、さらに気持ち程度の株主優待も実施してくれている[2914]日本たばこ産業のひとくちコメント並びに株価推移、株主優待制度、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。[2914]日本たばこ産業という正式名称は知らなくとも、JTという愛称ならばほとんどの方がご存知の会社なのではないかと思いますね。




[2914]日本たばこ産業 事業内容の紹介

JTイメージ画像

上記の画像は[2914]日本たばこ産業のトップページから引用

日本たばこ産業[2914]の事業といえば、会社名から一目瞭然なのが『たばこ事業』ですよね。当然ながら、このたばこ事業が同社の売上高の9割程度を占めている事になります。また、実は同社は世界的なタバコメーカーでありまして、国内の売上高よりも海外の売上高の方が圧倒的に高いということは注目すべき点ですよね。なお、同社の優待としても個人的にはお気に入りだった『飲料事業』は2015年にサントリーに売却されてしまいました。

[2914]日本たばこ産業 事業別の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

読者代表
手元のデータを見ると、国内たばこ産業は高利益率ながら減速傾向なんですね。
たっちゃん
そうですね。2017年12月期の国内タバコ部門は、5,906億円の売上高に対し、営業利益が2,323億円(営業利益率39%)となっており、びっくりするほどの高収益となっています。ただ、販売本数が前年度比-12.5%と大きく減速しており、営業利益も10%ほど減っているので、印象としてはよくないかもしれません。自分としては販売本数が減っても、値上げが可能な同社は強いと思っているのですが、市場を見る限りはそうは思われていないのかもしれませんね。

[2914]日本たばこ産業 ひとくちコメントとQ&A

日本たばこ産業[2914]は配当金生活のポートフォリオで、その業績の安定性に着目して保有している銘柄です。以前から株主優待銘柄ではあるのですが、その金額は100株の保有で年2,000円(利回り0.7%程度)なので優待制度はあくまでオマケと言えるでしょう。また、最近は業績と株価が伸び悩む中で、株主還元は強化してくれておりまして、一気に配当利回りは高まって来ています。

読者代表
[2914]日本たばこ産業の株式を購入した理由は何でしょうか?
たっちゃん
購入した当時の『自社製品飲料詰め合わせセット』も魅力的ではあったのですが、その業績の安定性と景気への非連動性に着目して購入しました。ポートフォリオ全体の動きをまったりとさせるには、業績と景気が連動しない銘柄への投資が鍵になると思うんですよね。
読者代表
最近の業績がイマイチですが、心配になりませんか?
たっちゃん
確かに最近の[2914]日本たばこ産業の業績は伸び悩んでいますよね。ただ、数字面で見るとほぼヨコヨコと言っても良く、また、増配傾向も継続してくれているのは好印象です。最近は加熱式タバコが国内でブームとなっていますが、この分野ではフィリップ・モリス系のアイコスに遅れをとっていますよね。同社の開発力で挽回なるかが今後の注目点と言えるでしょうね。

[2914]日本たばこ産業 展開中の電子タバコ プルーム・テック

[2914]日本たばこ産業 たっちゃん独自レーティング

★☆☆☆☆(2018年4月5日時点)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[2914]日本たばこ産業の購入単価は3,500円となっています。2018年2月6日のナンピンで取得価格を少し下げましたが、それでも最近の株価推移がイマイチなので、まさかの含み損転落となってしまっています。そのため、レーティングは★☆☆☆☆となってしまいます。

読者代表
レーティング★☆☆☆☆どころか、まさかの最下位争いだそうですね。
たっちゃん
業績推移を見る限りは比較的優良企業に思える[2914]日本たばこ産業ですが、その株価の騰落率は国内株式部門でついに最下位に転落してしまいました。今の報道を見る限りは、同社の先行きはやや厳しいように感じるのですが、そう報じられている時は実は業績が底だった。というオチは比較的ありうることなので、こういう場面でこそちゃんと買い増しできるようにしたいですね。



[2914]日本たばこ産業 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

10年単位で見ると業績も株価も右肩上がりの傾向で推移していると見て良いと思うのですが、直近は業績が伸び悩んでいる事から、株価も伸び悩んでしまっていますね。1,000円台の株価で購入している人ならまだまだ余裕だと思いますが、私は含み損に転落してしまっています。

ただ、同社であれば簡単には減配しないと見て、配当利回り4~5%以上では買い増ししていきたいと思っています。といっても、1銘柄あたりの保有額は200万円までと決めているので、600~700株程度が限界(2018年3月現在は300株)なんですけどね。

[2914]日本たばこ産業 株主優待制度(年2回6月,12月)

優待内容自社および自社グループ会社商品(食品等)
100株以上1,000円相当
200株以上2,000円相当
1,000株以上3,000円相当
2,000株以上6,000円相当
[2914]日本たばこ産業の株主優待制度 注意事項
優待品に代えて社会貢献活動(東日本大震災の義援金)への寄付も選択できます。
優待として明記はされていませんが、毎回の優待の案内と一緒に同社の『たばこ製品』の優待の案内も届きます。喫煙する成年の方のみを対象とするため、一律にはたばこ優待は届きません。
2914日本たばこ産業株主優待

[2914]日本たばこ産業 2016年6月権利確定分株主優待

[2914]日本たばこ産業 2016年12月権利確定分株主優待

[2914]日本たばこ産業 2016年12月権利確定分株主優待

最近の1,000円分の株主優待は毎回『炊きたてご飯』セットをチョイスしているのですが、上記の画像を比べてみると、実はご飯の銘柄が変わっているんですね。画像を並べて比較してみて初めて分かることですね。なお、[2914]日本たばこ産業は買い増しを行なっており、2017年6月の権利確定分から1,000円分から2,000円分の優待セットにランクアップしています。

JT2017年6月権利確定分 株主優待前半

[2914]日本たばこ産業 2017年6月権利確定分株主優待(1)

JT2017年6月権利確定分 株主優待後半

[2914]日本たばこ産業 2017年6月権利確定分株主優待(2)

2017年6月の優待の1つ テーブルマーク 台湾まぜそばはこんな商品です

[2914]日本たばこ産業 株主優待受領日記

日本たばこ産業[2914]の株主優待 自社&自社グループ商品詰め合わせのまとめ

2018.03.09

[2914]日本たばこ産業 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER15.24倍
PBR1.95倍
ROE15.0%
予想配当利回り5.00%
最終データ更新日2018年4月5日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年3月期168.5502.15
2013年3月期181.1682.27
2014年3月期235.5962.96
2014年12月期(9ヶ月決算)199.71003.00
2015年12月期270.51182.64
2016年12月期235.51303.33
2017年12月期219.11403.86
2018年12月期(予想)197.0150
読者代表
[2914]日本たばこ産業は業績が伸び悩む中での連続増配銘柄なのですね。
たっちゃん
そうですね。[2914]日本たばこ産業は、以前は配当性向が低く配当面で魅力に欠ける会社でしたが、最近は配当による還元を強化しており、2018年12月期も140→150円に増配を予定しています。業績がヨコヨコ圏内なので、このままではどこかで連続増配はストップせざるを得ません。業績の方ももう少し頑張って欲しいところですね。とはいえ、こういうヨコヨコ圏の銘柄こそ、私の欲張らないポートフォリオには合った性格の銘柄のような気がします。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。