日本マクドナルド[2702]の株主優待利用日記

2702日本マクドナルド株主優待利用日記

この記事は、全国にハンバーガーショップの『マクドナルド』をチェーン展開しており、株主優待銘柄としてもおなじみの[2702]日本マクドナルドの株主優待利用日記です。実際に[2702]日本マクドナルドの株主優待券を使ってお食事を楽しんだ時の様子を、購入した商品の写真を交えながらご紹介することにしたいと思います。

あれ?たっちゃんってもう[2702]日本マクドナルドの株式売ってるんじゃなかったっけ?というツッコミもあろうかと思いますが、それが気になるという方は「株主優待券を使うことができるお食事」と読み替えていただければと思います。ちなみに、記事の長さの関係で[2702]日本マクドナルドの銘柄解説は別ページとなります。興味のある方は下記ページも合わせてご覧ください。

日本マクドナルド[2702]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.02.02



[2702]日本マクドナルド 株主優待制度(年2回6,12月)

優待内容優待食事券
100株以上1冊(6食分)
300株以上3冊(18食分)
500株以上5冊(30食分)
2702日本マクドナルド株主優待券

[2702]日本マクドナルド2016年12月権利確定分 株主優待券

[2702]日本マクドナルドの株主優待制度 注意事項
優待食事券1冊あたり『バーガー類、サイドメニュー、飲物』の3種類の商品の無料引換券が1枚になったシート6枚がセットになっています。つまりは6食分ですが、この3種類のチケットをバラバラに利用して、珈琲だけをいただくといった事も可能です。

[2702]日本マクドナルド 株主優待利用日記

2009年にスタートした配当金生活の初期の頃は800株(半年で48食分)もの株式を保有していた[2702]日本マクドナルド。その後、徐々に保有株数を絞っていきまして、2018年の段階ではついに保有株数が0となりました。

保有株数が0で、優待券がないのならもう[2702]日本マクドナルドのお店はいかないかなと思っていたのですが、昨年2017年から楽天ポイントが使えるようになったことで状況は一変。もともと私は楽天市場で色々と買い物をしており、楽天ポイントを常に持て余していたので、結局は月1~2回程度の頻度で[2702]日本マクドナルドに行っています。

2018年9月 秋の恒例商品 金の月見バーガー

2702日本マクドナルド金の月見バーガー

この時期恒例の期間限定商品ですね。

今回は、[2702]日本マクドナルドの秋の期間限定商品としておなじみとなっている「月見バーガー」をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。毎年恒例の月見バーガーではありますが、最近は「金の月見バーガー」という少しだけ値段の高いものも販売していますね。今回はその金の月見バーガーを購入しています。

2702金の月見バーガー

濃厚なオーロラソースが自慢のバーガーです。

好評だった月見バーガーとは違い「金色に見えないこともないバンズ」「金色に見えない事もない厚切りチーズ」を使っているのが、この金の月見バーガーです。普通の月見バーガーとびっくりするほど変わっているということはないと思うのですが、少し違った味わいを楽しみたいという方にはおすすめですね。



2018年3月 はみだす美味しさ? はみだすハムてりたま

2702日本マクドナルドはみだすハムてりたま

単品価格は驚愕の450円です。

さて、今回は最近は春の定番メニューとなっている「てりたまバーガー」のうち「はみだすハムてりたま」をいただくことにしました。最近は期間限定バーガーでも、少し新しい要素を付け加える工夫がされているのが、[2702]日本マクドナルドの戦略ですよね。今回は、普通のてりたまバーガーに「厚切ロースハム」が加えられているとのことです。

2702はみだすハムてりたま

ソースがベタベタなのは仕方ないことでしょうか。

ということで、こちらが今回いただく「はみだすハムてりたま」です。てりたまバーガーといえば、この甘辛のてりやきソースが魅力の1つであることは間違いないと思うのですが、これはこれでソースがベタベタしてしまうというのが困ったところですよね。今回も私の食べ方が下手だったのか、顔にソースがついてしまうというミスを犯してしまいました。美味しさと値段のバランスは悪いと思いますが、優待券で食べるのであれば美味しく感じられるのではないかと思います。



2018年2月(2) 史上初のリニューアル 凄チキンタルタ&凄チキンタツタ

チキンタルタの箱

最近はちょっと高めの商品でも箱に入っていないものが増えました

さて、今回は[2702]日本マクドナルドの超定番商品である「チキンタツタ」系の「チキンタルタ」をいただくことにしました。チキンタツタは昔からの定番の期間限定商品ですが、こちらの「チキンタルタ」の方は2017年から新登場した商品ですね。私は普段からタルタルソース好きなので、昨年からはこちらの商品を好んで食べています。

2702チキンタルタいただきます

マクドナルドにしては珍しく美味しそうに見える写真ですね。

ということで、早速[2702]日本マクドナルドのお店にて「凄チキンタルタ」を購入してきました。今年のチキンタルタは昨年に比べてリニューアルということで、具体的には「リッチな具材感と濃厚なたまご感が増した」んだそうです。昨年食べた時は、リピートしようとまでは思わなかったのですが、今年の「凄チキンタルタ」は美味しかったと思います。期間中にあと1〜2回は食べるかもしれませんね。

2702チキンタツタ

こちらも比較的美味しそうに写真を撮影できたと思います。

また、違う日には「凄チキンタツタ」の方も食べてみました。同社のウェブサイトによると、チキンタルタの方はこってり、チキンタツタの方はあっさりと表現されていまして、その表現の通りの味だったと思います。私としては、チキンタルタはタルタルがこぼれてちょっと食べにくいという点を考えても、チキンタルタの方に軍配があがるのではないかと思いました。ただ、どちらが好きかというのは人それぞれでしょうね。



2018年2月(1) 9日間限定販売 ダブルビーフフダブルチーズバーガー

2702日本マクドナルドダブルビーフダブルチーズバーガー

マクドナルドのウェブサイトより。2018年2月6日までの9日間期間限定発売。お値段420円です。

さて、最近は一時期よりもちょっと高めの価格帯の期間限定バーガーでおなじみとなっている[2702]日本マクドナルド。2018年1月末から2月上旬にかけては、上記のダブルビーフダブルチーズバーガーを販売していました。

ダブルビーフダブルチーズバーガー 実物

4枚ビーフはさすがにちょっと多すぎる気がしました。

お肉4枚はさすがにちょっと多すぎるかな?と思ったのですが、期間限定商品好きの私としては1回は食べざるをえませんよね。ということで、さっそくマクドナルドまで自転車を走らせて買って帰ってきました。これで420円ということを思うと、100円のハンバーガー4つの方がお得な気もしないでもないですよね。それはそれとして、これはこれでマクドナルドらしい商品なのではないかと思いました。

[2702]日本マクドナルド 銘柄解説ページ

日本マクドナルド[2702]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.02.02

[2702]日本マクドナルド 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER29.81倍
PBR4.69倍
ROE20.0%
予想配当利回り0.62%
最終データ更新日2018年9月10日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2010年12月期59.2301.47
2011年12月期100.0301.44
2012年12月期96.8301.31
2013年12月期38.6301.12
2014年12月期-164.3301.14
2015年12月期-262.9301.15
2016年12月期40.4300.98
2017年12月期180.7300.61
2018年12月期(予想)146.7→163.230-

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。