藤商事[6257]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

6257藤商事アイキャッチ画像

この記事では、パチンコ・パチスロの機器メーカーの中堅どころであり、最近は業績が良くても赤字に転落してしまっても1株=50円の配当を続けてくれているため、結果的に高配当銘柄となっている[6257]藤商事のひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。




[6257]藤商事 事業内容の紹介

6257藤商事トップページ画像

上記の画像は[6257]藤商事のトップページから引用

藤商事[6257]の事業はパチンコ、パチスロ機の開発・販売がメインとなっています。上の同社ホームページのトップ画像を見ると、ちょっと不穏な空気が漂っていますが、これは同社の得意な『ホラー系映画』を題材とする新機種の宣伝のようですね。

それ以外は、アニメと提携した機種を開発していることが多いようです。おっさんにしてはアニメに詳しい自分からすると、ちょっとイマイチなアニメラインナップにも思えますが、何が売れるかは自分が決めることではないので過度には気にしないようにしたいですね。

[6257]藤商事 2017年3月 トップページで紹介中の最新機種

  • 呪怨
  • 世界でいちばん強くなりたい
  • マジョカ+マジョルナ
  • アナザー
  • 緋弾のアリアII
  • ロリポップチェーンソー
  • 戦国恋姫
  • まるまるアイランド

[6257]藤商事 事業別の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[6257]藤商事 ひとくちコメントとQ&A

藤商事[6257]のようなパチンコ・パチスロ機器メーカーはその開発した機器が売れるかどうかにより、業績が大きく左右されてしまいます。基本的に『業績安定・高配当銘柄』を好む私としては、あまり好まない傾向にある銘柄ではあるのですが、配当金生活初期の頃から『パチンコ・たばこなどの必要悪銘柄は万年不人気で高配当』という自説を信じて、何銘柄か投資してきました。

読者代表
最近はパチンコ業界自体苦戦しているそうですよね。
たっちゃん
今でも、朝の開店時間前にパチンコ店の前を通ると結構賑わっているように思えるのですが、実際はパチンコホールの経営は苦しい所が多いんだそうですね。私の保有しているパチンコ系の広告代理店[2411]ゲンダイエージェンシーやプリペイドカードの[6249]ゲームカード・ジョイコHDもその業績がイマイチに推移しています。
読者代表
そんな中、[6257]藤商事はずっと保有していますよね。
たっちゃん
この業界が苦境だというのは分かっているのですが、確かに[6257]藤商事は長らく保有を続けています。というのも、最近の同社は業績が良くても悪くても1株=50円の配当(2017年3月は記念配当で1株60円)が続いているためなんですよね。本用に業績がずっとダメなら減配せざるを得ないと思いますが、そこまでの苦境はないと信じて保有は続けたいと思っています。

[6257]藤商事 たっちゃん独自レーティング

★★☆☆☆

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[6257]藤商事の購入単価は1,189円となっています。確かかつては3桁の購入単価で購入していたと思うのですが、保有名義を変更した時に購入単価が切り替わってしまいました。レーティングは★★☆☆☆か★☆☆☆☆かという微妙なラインですね。

[6257]藤商事 過去10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

2017年3月期、2018年3月期(予想)はイマイチな業績が続くと思われる[6257]藤商事。それでも、延々と続いている1株=50円の配当が株価を下支えする形になっているのか、株価自体はそれほど悪くはない推移となっていますね。ちなみに、前回赤字になってしまった2011年3月期は株価も絶不調で、予想PER4倍、配当利回り5%という時期がありました。今とは相場環境が違うということなのかもしれませんけどね。

[6257]藤商事 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

  • PER:赤字予想のため算出なし
  • PBR:0.58倍
  • ROE:2.4%(16.3月期)

PER・PBR・ROEは2017年3月24日現在の数字です

 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年3月期164.2454.80
2013年3月期125.5504.39
2014年3月期110.2504.38
2015年3月期197.3503.36
2016年3月期50.7504.82
2017年3月期(予想)-77.960記4.99(3/19時点)

この記事に関連するおすすめ記事

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。