関西電力[9503]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

9503関西電力アイキャッチ画像

この記事では、関西エリアを営業エリアとして電力供給の事業を行っている[9503]関西電力のひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。




[9503]関西電力 事業内容の紹介

9503関西電力トップページ

上記の画像は[9503]関西電力のトップページから引用

関西電力[9503]は、地元関西エリアでは大きな影響力を持つ国内を代表する電力会社の1つですね。2019年現在は、[9502]中部電力と国内時価総額トップ争いを繰り広げています。

同社は、他の国内電力株に比べると原発への依存度が高いことが特徴で、2019年3月期は全体の29%を原子力発電からまかなっていました。原子力発電所の是非はともかくとして、これからも国の原子力政策の影響は無視できなさそうですね。

[9503]関西電力 事業別の売上高

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

読者代表
[9503]関西電力は電力株なのに情報通信事業があるのですか?
たっちゃん
そうですね。関西エリア限定なので全国的にはあまり知名度が高くないかもしれませんが、同社が以前から行っているインターネットサービスの「eo光」は関西エリアならご存知だという方が多いのではないでしょうか。また、携帯電話サービスの「mineo」も同社の系列ですね。こちらは、全国展開なのでサービスをご存知の方も少なくないのではないでしょうか。




[9503]関西電力 ひとくちコメントとQ&A

関西電力[9503]は、私が保有する国内電力6銘柄(関西・中国・北陸・沖縄・九州・電源開発)のうちの1社です。このうち、原発とそれほど関わりのない[9511]沖縄電力と、[9513]電源開発は比較的堅調に推移しているのですが、それ以外の4社は震災以降かなり波乱の推移となってしまっています。

私の住んでいる地元の電力株でありながら、もともと原発への依存度が高かったので、震災後の損切りのあと再投資をためらっていた[9503]関西電力。とはいえ、2019年の配当利回り4%の水準なら、再投資しても良いかと思いお試しの300株で2019年7月にPF復帰となりました。

読者代表
[9503]関西電力の50円配当は継続できると見ているのですか?
たっちゃん
原発再稼働後の[9503]関西電力はEPSが100円台に復帰し、今のところは年50円の配当をするには十分な利益水準であると言えます。ただ、これからも原子力発電所は国の政策次第なところがありますので、原発非保有の[9511]沖縄電力に比べると安定的であるとは言えません。ということで、保有株数も控えめの300株にとどまっています。




[9503]関西電力 たっちゃん独自レーティング

★☆☆☆☆(2019年12月4日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[9503]関西電力の購入単価は1,253円となっています。購入後、株価は堅調に推移していたのですが、秋には同社の役員が社外の関係者から金品を受け取っていたことが発覚。株価はまた大きく下落してしまいました。そのため、現在は★☆☆☆☆水準です。

[9503]関西電力 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

業績だけを見ると比較的安定している[9503]関西電力。2012年頃は国内の電力株はどこもかしこも一律に売られる展開で、そんな中で同社は無配転落し、株価が500円を切る場面もありました。

2017年3月期以降は復配となり、一時期よりも株価はマシとなりましたが、原子力発電関係のゴタゴタはこれからも続きそうですので、原発を保有していない[9511]沖縄電力に比べるとおすすめはできませんね。

沖縄電力[9511]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2019.12.03

[9503]関西電力 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

沖縄電力[9511] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

2018.12.05
PER7.99倍
PBR0.70倍
ROE7.8%
予想配当利回り4.00%
最終データ更新日2019年12月4日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2020年3月期(予想)156.750-
2019年3月期128.8503.06
2018年3月期170.0352.56
2017年3月期157.6251.83
2016年3月期157.60-
2015年3月期-166.10-
2014年3月期-109.00-


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。