太陽工機[6164]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

6164太陽工機アイキャッチ画像

この記事では、私好みの地方本社(新潟)の会社で、工作機械の製造・販売がメインという、私好みの地味な縁の下の力持ち系の会社である[6164]太陽工機のひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。




[6164]太陽工機 事業内容の紹介

6164太陽工機トップページ画像

上記の画像は[6164]太陽工機のトップページから引用

太陽工機[6164]は立形研削盤という商品で国内首位となっているブランドです。この商品は、同社が1988年に設立された後、1989年から商品化されているものです。なんでも売っている楽天市場で扱っているかと思ったら、さすがに扱っているお店はありませんでした。商品画像は、上の同社トップページの通りです。画像を見ただけではちょっとわかりにくいと思うのですが、要するに部品を重力に対して垂直方向に回転させ、加工する方式の工作機械ということですね。

[6164]太陽工機 品目の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

読者代表
取り扱い商品は色々あるように見えて、広い意味で見ると全部研削盤なんですね。
たっちゃん
そうですね。同社のウェブサイトを見ると、研削盤には立形・横形など色々な種類があるそうです。機械が苦手な私にはよくわかりませんが、同社の研削盤で加工した商品は、車・航空機・建設機械などの重要部品の加工によく利用されているということなので、これらの業種の会社が好調な限りは[6164]太陽工機もある程度の好調さを維持できるのではないでしょうか。

[6164]太陽工機 ひとくちコメントとQ&A

もともとは配当水準が低かったため、私の物色の範囲外だった[6164]太陽工機。しかしながら、後述のようにここ数年で配当水準が5円から35円まで急上昇し、一時は私のブログの高配当株式ランキング(旧ブログ時代)で上位に食い込みます。基本的に、このランキングに入った銘柄は、リバランスなどのタイミングで組み込む方針であり、この銘柄もそういう形でポートフォリオに組み入れられました。

ちなみに、その後も増配は続き、2019年12月期は50円配当まで上昇しましたが、2020年12月期は業績急減速となり30円に減配予想。しかしながら、7割程度の減益予想の中で配当は4割減と思うと意外に良心的に思えてくるのは私だけでしょうか?

読者代表
配当水準が5円から50円まで駆け上がったことは素晴らしいと思うのですが、逆はありえないのですか?
たっちゃん
確かに業績が一気に良くなって、配当もそれに応じて増配となったパターンの場合、その逆回しが心配なところですよね。過去の事業報告書には「業績に連動する形で配当金の増額を検討していきます」とありましたが、2020年12月期は業績大減速の中での減配となってしまい、配当に関する記述もなくなってしまいました。ここからが同社が配当面で良心的な会社かどうかがわかる大事な数年間となりそうですね。



[6164]太陽工機 たっちゃん独自レーティング

★★★☆☆(2020年9月20日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[6164]太陽工機の購入単価は889円となっています。下記でもご紹介している20円から35円への増配を見てポートフォリオ入りした同社。その後、株価が倍近くになったので保有株の半分を売却し、現在は残った分をキープするにとどまっています。

ただ、2020年3月以降のコロナショック相場では、一気に含み損まで株価が転落。2020年9月時点では含み益に回復していますが、配当は50円→30円に減配となってしまっています。少し厳しい状況ですね。

[6164]太陽工機 過去1年間&5年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

下の表を見るとわかるように、ここ数年で一気に配当水準を向上させている[6164]太陽工機。そんな同社なので、2019年までの株価推移は絶好調の一言につきました。

その後、米中貿易摩擦の影響もあり、2019年からは株価も受注高も下落中。受注と売上のズレの関係で2019年12月期は絶好調な業績でしたが、2020年12月期は業績が大きく後退する見込みとなっています。

[6164]太陽工機 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER13.37倍
PBR0.90倍
ROE21.1%
予想配当利回り3.11%
最終データ更新日2020年9月20日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2020年12月期(予想)114.7→72.250→30-
2019年12月期221.0→206.9503.47
2018年12月期122.6→195.7403.24
2017年12月期111.2352.33
2016年12月期83.3202.73
2015年12月期105.7101.10

[6164]太陽工機 過去の受け取り配当金 まとめ

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2020年12月期 中間200152,54122,915
2019年12月期 期末200254,23520,374
2019年12月期 中間200254,23516,139
2018年12月期 期末200203,38811,904
2018年12月期 中間200203,3888,516
2017年12月期 期末20035(期末一括)5,9285,928

DividendLife2.0 おすすめ関連記事とおすすめ情報

6164太陽工機アイキャッチ画像

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。