ハニーズ[2792]の株主優待制度・業績と配当金推移

2792ハニーズHDアイキャッチ画像

この記事では、私のようにはオッサンには一見無縁のように思えるやや若めの女性向けのファッションブランド[2792]ハニーズのひとくちコメント並びに株価推移、株主優待制度、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。実際に同社のお店を見てみると、ほとんどが女性向けの商品で30代男性の自分がお店に1人に入っただけで不審者なのでは?と思えてならないのですが、同社のブランドの中には男性向けの商品を扱っているものもあるそうですね。




[2792]ハニーズ 事業内容の紹介

2792ハニーズ

上記の画像はハニーズのウェブサイトから引用

ハニーズ[2792]の保有する店舗の中で一番有名なものは、会社名と同じブランド名である『Honeys(ハニーズ)』なのではないかと思います。出店場所としては、イオンモールなどの大規模なショッピングモールの中に入っている事が多く、女性のファッションに興味がない方でも、お店自体が存在している事は知っているという方が多いのではないでしょうか。私としては、同社のブランドは若い人向けというイメージではあるのですが、同社の事業報告書によると一応40代くらいまでを対象としているようです。

[2792]ハニーズ 商品別の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[2792]ハニーズ 国別の店舗構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

読者代表
あれ?日本にしか店舗がないのに「国別の店舗構成」とはどういうことなんでしょうか?
たっちゃん
実は、もともと[2792]ハニーズは中国事業に力を入れていたので、過去は上の表が日本の店舗数と中国の店舗数で構成されていたのです。2017年5月のデータで記事を更新した時は中国のお店が430店舗もあったのですが、その後徐々に中国事業は規模を縮小し、2018年9月末をもって全店舗閉店となりました。1年半で430店舗も閉店するのは大変だったでしょうね。

[2792]ハニーズ ひとくちコメントとQ&A

ハニーズ[2792]は配当金生活のポートフォリオで、株主優待目当てで保有している国内株式銘柄の1つです。特別損益が絡んで来て1期単位の利益が大崩れしてしまう事もなきにしもあらずなのですが、営業利益ベースで見るとここ4〜5年ほどはそれなりに安定した業績推移となっています。高配当という訳ではありませんが、1株=20円の安定的な配当水準や8割近い高めの自己資本比率も魅力的であると言えますね。

読者代表
[2792]ハニーズの株式を購入した理由は何でしょうか?
たっちゃん
当然ながら優待制度に釣られて購入した会社です。私が購入した時は優待利回りが3%程度ありまして、さらに配当利回りは2%でしたので、合計利回りは5%ほどだったんですよね。2019年2月時点でも株価はほとんど変わらないことから、依然5%の利回り水準はキープしています。また、後述するミニ株を利用する場合は、優待利回りはさらにアップして5%程度となります。



[2792]ハニーズ たっちゃん独自レーティング

★★☆☆☆(2019年2月6日時点)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[2792]ハニーズの購入単価は1,019円となっています。2019年2月時点では★★☆☆☆の評価ということになります。

[2792]ハニーズ 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

前述のとおり、営業利益では堅実と言える同社。最終損益ベースでは浮沈が激しいようにも思えるのですが、株価もそれをわかっているのか、良くもなく悪くもなくという比較的狭いレンジでの動きが続いています。ただ、時々株価が急騰したり急落するのが特徴のようです。優待保有でどっしり構えるなら気にしなくても良いように思いますけどね。

[2792]ハニーズ 株主優待制度(年1回5月)

優待内容自社商品引換券
10株以上500円相当
50株以上1,000円相当
100株以上3,000円相当
1,000株以上6,000円相当
[2792]ハニーズの株主優待制度 注意事項
2018年3月現在、[2792]ハニーズの株式売買単位は100株単位となっていますが、株主優待については端株の10株から実施されています。これは、元々同社の株式の取引単位が10株であった事に由来していると思われます。ミニ株などのサービスを使えば、10株からでも購入出来るのですが、私は将来端株優待が廃止されるのではないかと思い100株で購入しています。
2792ハニーズ2018年5月権利確定分株主優待券

[2792]ハニーズ 2018年5月権利確定分 株主優待券 期限約1年

2792ハニーズ株主優待券

[2792]ハニーズ 2017年5月権利確定分 株主優待券 期限約1年

読者代表
ミニ株を購入するというのはそんなに面倒なのでしょうか?
たっちゃん
ミニ株(証券会社によって呼び方は異なります)という制度は、1株単位で株式が購入出来る制度でありまして、ネット証券であれば多く会社が実施しているものです。正直な所、全く面倒ということはないですね。私が愛用しているマネックス証券のワン株については、下記のページで詳しく紹介していますので、興味のある方は該当ページもご覧いただければと思います。

ミニ株の取り扱いがある主要ネット証券一覧

証券会社の名称取引手数料(税抜)
最終更新日2019年2月6日
マネックス証券 ワン株約定金額の0.5%(最低手数料 48円)
SBI証券 S株約定金額の0.5%(最低手数料 50円)
カブドットコム証券 プチ株約定代金の0.5%(最低手数料 48円)

[2792]ハニーズ 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

ハニーズHD[2792] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

2019.02.06
PER12.99倍
PBR0.85倍
ROE0.6%
予想配当利回り2.09%
最終データ更新日2019年2月6日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2019年5月期(予想)73.620-
2018年5月期57.3→46.6→7.0201.96
2017年5月期14.8201.77
2016年5月期-11.4201.87
2015年5月期69.9202.05
2014年5月期19.9202.16


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。