キタムラ[2719]の株主優待制度・業績と配当金推移

2719キタムラアイキャッチ

この記事では、カメラのキタムラやスタジオマリオなどのチェーン展開で有名な[2719]キタムラのひとくちコメント並びに株価推移、株主優待制度、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。

同社は、株主優待銘柄として長年お世話になってきたのですが、記事の後半でご紹介しているようにTSUTAYA系の会社に買収され、上場廃止となる見込みとなっています。ということで、私のポートフォリオからはすでに外れてしまっているのですが、参考情報としてこちらのページは残しておきたいと思います。




[2719]キタムラ 事業内容の紹介

カメラのキタムラ公式サイト

上記の画像はカメラのキタムラ公式サイトから引用

キタムラ[2719]の事業といえば、会社名にもなっている『カメラのキタムラ』に写真スタジオの『スタジオマリオ』が有名な所だと思います。最近はカメラのキタムラの方は縮小傾向のようですがスタジオマリオの方はキタムラに比べると踏みとどまっています。また、それ以外にもグループ会社をいくつか保有しており、写真の卸販売、医療系の事業、TSUTAYAのフランチャイズなども手がけています。

[2719]キタムラ 売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[2719]キタムラ ひとくちコメントとQ&A

キタムラ[2719]は配当金生活のポートフォリオで、株主優待目当てで保有している国内株式銘柄の1つです。2017年3月期は上場以来初の赤字転落でちょっとイヤなムードが漂っていましたが、過去にも臨機応変に新しい事業に乗り出し、ピンチを乗り越えてきた過去があります。そう思うと、この先は意外に明るいかも?と思ったら、斜め上をいく驚きのオチ(記事の最後にて)でしたね。

読者代表
[2719]キタムラの株式を購入した理由は何でしょうか?
たっちゃん
私自身は写真には興味がなかったのですが、子供が出来てから『やはり子供の写真は写真スタジオで綺麗に撮影して残しておきたい』と思い、我が家の近所にあるスタジオマリオのお店を利用する事を目的に株式を購入して、優待券をゲットすることにしました。
読者代表
[2719]キタムラは2017年3月期に20円→10円へ減配した銘柄ですよね。
たっちゃん
配当金生活者としては減配は一番恐ろしい事であると言えます。ただ、[2719]キタムラは元々配当を当てにはしない『株主優待銘柄』として購入しているものですし、売買単価もそれほど大きくはないのでスタジオマリオの優待が継続される限りは、子供の記念写真を撮り続けたいと思っています。なお、2018年3月期については業績が急回復し、20円配当へと返り咲きました。
読者代表
店舗の統廃合などで大胆な再編を実施したそうですね。
たっちゃん
そうですね。[2719]キタムラの報告書によると、2018年3月期までに129店舗を閉鎖する方向で進めていました。実際は、その後改革により収益が見込めると判断したお店は残すことにしたので、実際には126店舗を閉鎖する方向のようですね。2017年9月の中間報告書の時点で、既に123店舗が閉鎖となっています。



[2719]キタムラ たっちゃん独自レーティング

★★★★☆(2018年7月14日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[2719]キタムラの最終的な購入単価は837円となっていました。一旦は★☆☆☆☆の定番銘柄となっていたのですが、TOBの発表により株価は1,200円台へ。レーティングも急上昇となりました。

[2719]キタムラ 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

ここでは、[2719]キタムラ 過去1年間と10年間の株価推移を見ておきます。一時期は永遠の含み損かと思えた同社ですが、2018年3月期は業績の急回復で、株価も急回復となり、その後TOBの発表で株価は1,200円台での推移となっています。

[2719]キタムラ 株主優待制度(年1回3月)

優待内容写真撮影優待券
100株以上1枚
写真撮影優待券の詳細
写真撮影優待券のサービスは自社こども写真館での撮影料と4切写真台紙付1枚が無料サービスとなります。
2719キタムラ2018年3月権利確定分株主優待券

[2719]キタムラ 2018年3月権利確定分 写真撮影優待券 期限約1年

2719キタムラ写真撮影優待券

[2719]キタムラ 2017年3月権利確定分 写真撮影優待券 期限約1年

読者代表
優待券の券面に『無料プレゼント』と書いていますが、本当に無料なのですか?
たっちゃん
優待券の券面に書いてある通り、衣装をいくつか選んで撮影して台紙付きの4切写真を1枚いただくだけなら、本当に無料で済んでしまいます。ただ、それだと写真を1枚だけしかゲットすることができませんので、結局我が家はそれ以外にもいくつか商品を追加して、2〜3,000円の支払いになる事が多いですね。
優待内容自社商品券
100株以上1,000円相当
500株以上5,000円相当
1,000株以上10,000円相当
2719キタムラ株主優待券

[2719]キタムラ 2017年3月権利確定分 自社商品券 期限約9ヶ月

優待内容写真プリント無料券
100株以上5枚
2719キタムラ写真プリント無料券

[2719]キタムラ 2017年3月権利確定分 写真プリント無料券 期限約1年

[2719]キタムラの株主優待制度 注意事項
写真プリント無料券の優待は明記されているものではないのですが、他の優待と同封されていました。配布の基準はわからないのですが、おそらくは全ての株主に5枚ずつ配布されているのではないかと思います。

[2719]キタムラ 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

キタムラ[2719] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

2018.07.14
PER17.11倍
PBR1.23倍
ROE9.2%
予想配当利回り0%
最終データ更新日2018年7月14日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年3月期25.4101.93
2013年3月期55.2202.83
2014年3月期62.8203.10
2015年3月期25.1202.59
2016年3月期3.9202.45
2017年3月期-111.3101.41
2018年3月期33.5→57.4→85.4202.13
2019年3月期(予想)71.00-
読者代表
あれ?予想配当利回りは0なのですか?
たっちゃん
そうですね。2018年5月15日にカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)系のCKホールディングスが同社にTOBを実施すると発表しました。これにより、今のところ[2719]キタムラは上場廃止の見込みとなっています。上場廃止予定の銘柄のため、2019年3月期の配当予想は0となっています。長年優待目当てでお世話になった銘柄ですが、これでお別れと思うとちょっと寂しいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。