イオンファンタジー[4343]の株主優待制度・業績と配当金推移

4343イオンファンタジーアイキャッチ画像

この記事では、大手流通系の[8267]イオンの子会社で、ゲームコーナーの『モーリーファンタジー』を運営していることでおなじみの[4343]イオンファンタジーの株主優待の情報、及びひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。



[4343]イオンファンタジー 事業内容の紹介

4343イオンファンタジートップページ画像

上記の画像は[4343]イオンファンタジーのトップページから引用

イオン[8267]のイオンモールやイオン系のショッピングセンターに行くと、よく入っているゲームコーナーの「モーリーファンタジー」。この部門を手がけているのが、同社の子会社である[4343]イオンファンタジーです。国内の少子化・人口減が進む中、子供向けの業態では厳しいか?と思いきや、実は店舗の半分以上を海外に出店しているので、すぐにはそういう心配はないかもしれませんね。とはいえ、アジアは全体的に少子化が進みそうなので、将来的にはわかりませんけどね。

[4343]イオンファンタジー 事業別の売上割合

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[4343]イオンファンタジー ひとくちコメントとQ&A

一時期ハマっていたオンラインクイズゲームを除くと、ほとんどゲーセンに行ったことがない私。そういう私も、子供が生まれて4人家族になると、イオンモールのゲームコーナーに行くようになりました。

イオンファンタジー[4343]の株主優待は、実際に自分で使えるものなので、いつかは同社の株主になろうと思っていたところ、2019年に入って株価がかなり下がってきており、その一方で優待の拡充もあったため配当+優待利回りで4%程度となったので、同社の株式を買ってみることにしました。

読者代表
たっちゃんさんは、イオンファンタジー[4343]のどういうサービスを使うのですか?
たっちゃん
我が家が一番使う同社のサービスは「スキッズガーデン」です。ここは、時間制で遊ばせておくことのできる遊戯施設なのですが、3歳以上のこどもであれば、子供だけで入場することができ、大人たちは安心してイオンモールで買い物することができるんですよね。うちの子供も、スキッズカーデンのお姉さんと遊ぶのが好きなようなので、イオンモールに行く時は定番のお立ち寄りスポットとなっています。



[4343]イオンファンタジー たっちゃん独自レーティング

★★☆☆☆(2019年5月23日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[4343]イオンファンタジーの購入単価は2,307円となっています。2019年1月に200株でポートフォリオ入りしてから、数ヶ月で株価が3,000円台に乗ってきたので、そのうち100株を売ってしまったのですが、その後は元通りの株価に帰ってきてしまいましたね。値動きの大きい銘柄なので、投資には注意が必要ですね。

[4343]イオンファンタジー 過去1年間&5年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

2018年2月期まではかなり順調に業績を伸ばしていた[4343]イオンファンタジー。2017年以降の株価が急上昇したのが印象的でした。以前から保有していた方は、ここで一旦利益確定してしまったという方も少なくはないのではないでしょうか。

[4343]イオンファンタジー 株主優待制度(年2回2,8月)

優待内容自社商品券または商品
100株以上2,000円相当
200株以上4,000円相当
300株以上6,000円相当
1,000株以上10,000円相当
自社商品券の代わりに商品をゲットすることもできます。
さすがに、大人だけでモーリーファンタジーはちょっと・・という方もいらっしゃると思いますが、そういう方は2月優待に関しては魚沼産こしひかり(100株~1,000株未満)、イオンギフトカード・胡蝶蘭・飲むトマトなど(100株以上)と交換することもできます。ただ、8月優待に関してはどっちみち自社商品券になってしまうことには注意が必要ですね。
読者代表
現在の[4343]イオンファンタジーの優待利回りはどうでしょうか?
たっちゃん
100株保有を仮定すると、2019年5月現在の優待利回りは1%台後半となっています。また、配当利回りは2%台前半程度ありますので、合計で4%前後です。他にも美味しい銘柄は色々とありますが、実際に優待を使うという方であれば悪くはない水準なのではないかと思います。
4343イオンファンタジー2019年2月権利確定分株主優待券

[4343]イオンファンタジー 2019年2月権利確定分 株主優待券 期限約1年

[4343]イオンファンタジー 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2019年2月期 期末200254,1114,111
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2020年2月期(予想)109.050-
2019年2月期94.6501.89
2018年2月期151.5410.83
2017年2月期86.2311.03
2016年2月期76.7301.39
2015年2月期73.7301.95
2014年2月期61.6302.19


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。