産業ファンド投資法人[3249]の特徴と投資口価格と分配金・分配利回りの推移

3249産業ファンドアイキャッチ画像

この記事では、三菱商事とユービーエス・リアルティ株式会社がスポンサー企業となっている物流系のリート[3249]産業ファンド投資法人のひとくちコメント並びに投資口価格推移、事業内容、業績推移、分配金の推移をご紹介することにしたいと思います。



[3249]産業ファンド投資法人 特徴

3249産業ファンドトップページ画像

上記の画像は[3249]産業ファンド投資法人のトップページから引用

私としては、物流リートの1つであると考えている[3249]産業ファンド投資法人。ただ、実際の同社は『産業用不動産特化型リート』と名乗っておりまして、実際に物流施設への投資割合は下記でご紹介しているように5割台にとどまっていることから、確かに物流リートと言い切ってしまうのは語弊があるように思います。

[3249]産業ファンド投資法人 用途別保有資産

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[3249]産業ファンド投資法人 地域別保有資産

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[3249]産業ファンド投資法人 上位の投資物件

  1. IIF 羽田空港 メインテナンスセンター
  2. IIF 神戸 地域冷暖房センター
  3. IIF 東雲 ロジスティクスセンター
  4. IIF 大阪住之江 ロジスティクスセンターI
  5. IIF 三鷹カードセンター

[3249]産業ファンド投資法人 IIF 羽田空港 メインテナンスセンター

物流施設以外にもインフラ不動産などに投資を行っている[3249]産業ファンド投資法人。主要物件を見てみると、1位の物件と2位の物件はインフラ不動産となっています。そのうち、1位のIIF 羽田空港 メインテナンスセンターは、東京モノレールの新・整備場駅という駅に直結している施設ですね。借主は[9201]日本航空となっています。代替はききにくそうな施設ですが、同社が元気な限りは安定した収益を生み出してほしいものですね。

[3249]産業ファンド投資法人 ひとくちコメントとQ&A

かつての[3249]産業ファンド投資法人は、2011年から3年連続で増資を行い、そのたびに分配金水準が上昇するという魔法のような増資で私自身がブログ内で絶賛していたこともありました。さすがに、最近は物流施設などの価格も上がってしまい、かつてのような魔法はきかなくなってしまいましたが、それでも、2017年現在では比較的堅実な運営がなされているように思います。

読者代表
第21期の分配金予想は最低水準から2倍程度になっているんですね。
たっちゃん
そうですね。金融危機の前後で分配水準を減らして、その後、まだその時の水準に復帰できていないリートもある中で、同社は2010年の分配水準の底と比較すると分配水準が2倍程度に達しています。前述のように、増資して物件を取得し、分配金も増加という魔法の増資を連発したおかげであると言えますね。そのおかげで、保有口もかなり高いところで利益確定できたという印象です。

[3249]産業ファンド投資法人 たっちゃん独自レーティング

★★★★★(2017年10月28日時点)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[3249]産業ファンド投資法人の購入単価は174,783円です。2017年10月時点での騰落率は、リートの中でダントツトップであり、レーティングは余裕の★★★★★となりますね。

[3249]産業ファンド投資法人 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

ここで[3249]産業ファンド投資法人の過去1年間(上)と過去10年間(下)の株価チャートをみておきたいと思います。保有リートの中ではトップの成績の同社ですが、それは2010年前後の投資口価格の安い時期に買っていたからでありまして、この数年だけを見ると、60万円をピークに投資口価格は調整段階となっています。今後、再度の60万円チャレンジはなるのでしょうか?

[3249]産業ファンド投資法人 1口あたり分配金の推移

 分配金(円)期末分配利回り(%)
2018年1月期(予想)10,1864.37(10/28時点)
2017年7月期(7ヶ月決算)11,6744.01
2016年12月期9,7683.51
2016年6月期9,5903.35
2015年12月期9,3243.24
2015年6月期8,7963.18
2014年12月期8,4563.05
2014年6月期8,3093.66
2013年12月期8,0223.66
2013年6月期7,8223.24

この記事に関連するおすすめ記事


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。