すかいらーく[3197]の株主優待利用日記

3197すかいらーく株主優待利用日記

この記事は、ガストやバーミヤンなどのファミリーレストランの経営で有名であり、外食業界では国内トップクラスの会社である[3197]すかいらーくに関するものです。実際に[3197]すかいらーくの株主優待券を使ってお食事を楽しんだ時の様子を、実際に食べた料理の写真を交えながらご紹介することにしたいと思います。

あまりにも優待の割が良すぎて、常にその改悪が話題となる同社。私としては、今の優待は継続されるものと楽観して投資を継続しています。なお、銘柄の紹介自体はページの長さの関係で下記ページに分離しています。興味のある方は、合わせてご覧ください。

すかいらーく[3197]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.03.21



[3197]すかいらーく 株主優待制度(年2回6月12月)

優待内容優待食事券(6月分)優待食事券(12月分)
100株以上3,000円相当3,000円相当
300株以上9,000円相当11,000円相当
500株以上15,000円相当18,000円相当
1,000株以上33,000円相当36,000円相当
3197すかいらーく株主優待券

[3197]すかいらーく 2017年12月権利確定分 株主優待券 期限約1年

[3197]すかいらーく 株主優待利用日記

ガストやバーミヤンなどの全国展開でおなじみの[3197]すかいらーく。私の住んでいる関西エリアでは、首都圏ほど出店の密度は高くはないのですが、それでも宅配に対応しているガストが我が家の圏内にあるので、株主優待券を利用するには困りません。

幸いにも私の嫁の実家は首都圏であり、定期的に帰っていますので、この株主優待利用日記としてはできるだけガスト以外のお店を利用して、首都圏限定のブランドも紹介していきたいと思います。

2018年3月 魚屋路 ランチタイムのセット

さて、今回は[3197]すかいらーくの回転すしブランドである魚屋路(ととやみち)にやってきました。この魚屋路という名前の由来となっているのは、私の地元である神戸市の灘エリアと有馬温泉を結ぶ道です。これは、深江という場所にある港から、六甲山を越えて魚を山の向こうの有馬温泉まで頑張って運んでいた道なのです。魚屋路のお店自体は魚屋路の元ネタが有名な兵庫県近辺にはなく、東京・神奈川・埼玉・山梨の4都県にしかありませんね。

3197ランチタイムのセット

平日限定・茶碗蒸し付のランチです。

今回は、その魚屋路のお店で「ととやの海鮮どーん」というランチを注文してみました。茶碗蒸しとお味噌汁がついてお値段は1,080円+税です。茶碗蒸しはランチのセットメニューの割には、ちゃんとしたものが提供されており、味噌汁に至っては飲み放題なので、非常にお得に思いました。

3197ととやの海鮮どーん

写真以上に食べ応えのある海鮮丼です。

そして、こちらが今回のメインとなる「ととやの海鮮どーん」です。そのボリュームが自慢とメニューに書いてありましたが、その記述のとおり、非常に食べ応えのある丼となっています。具材としては「小柱・白身・サーモン・甘エビ・あじ・ねぎとろ・とびっこ・たくわん」が入っていますね。本当はこれに+αしてお寿司も食べようと思っていたのですが、あまりに丼が多すぎて、お寿司は食べられませんでした。



[3197]すかいらーく 銘柄解説ページ

すかいらーく[3197]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.03.21

[3197]すかいらーくHD 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER17.03倍
PBR2.33倍
ROE15.5%
予想配当利回り2.56%
最終データ更新日2018年3月26日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2014年12月期49.613.521.12
2015年12月期77.8332.10
2016年12月期93.6382.46
2017年12月期94.3→86.4382.37
2018年12月期(予想)87.338-

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。