クリエイト・レストランツHD[3387]の株主優待制度・業績と配当金推移

3387クリレスHDアイキャッチ画像

この記事では、全国のショッピングモール内の食べ放題のお店や、磯丸水産などで利用できる株主優待券が魅力的であるクリエイト・レストランツHD[3387]の株主優待の情報、及びひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。

M&Aによる陣容の拡大で業績を急速に伸ばし、さらに株式分割と優待の拡充によって株価も上げて来た同社。2015年以降は横ばい傾向の株価が続いており、業績の方もやや伸び悩みとなっています。ただ、急成長する会社には良くある光景でもあるんですよね。ここらがふんばりどころなのではないかと思います。



[3387]クリエイト・レストランツHD 事業内容の紹介

3387クリエイトレストランツHD

上記の画像は[3387]クリエイト・レストランツHDのトップページから引用

元々はショッピングモール内の食べ放題形式の店舗や、フードコートの一括請け負いをメインの事業としていた[3387]クリエイト・レストランツHD。最近は、前述のようにM&Aを織り交ぜながら陣容を拡大しておりまして、子会社化している[3198]SFPダイニングの磯丸水産も同社の中核事業の1つとなっていますね。

同社のウェブサイトで見てみると、2017年10月現在で[3387]クリエイト・レストランツHDのグループとなっている企業は国内外合わせて15社ありまして、その外食のブランドの数は数えきれないほどになっています。他の銘柄の記事では保有しているブランドを全部列挙するのが恒例となっているのですが、今回はその企業名だけを記しておく事にしたいと思います。

[3387]クリエイト・レストランツHD 傘下の企業(2017年10月現在)

  • 株式会社クリエイト・レストランツ
  • 株式会社ルモンデグルメ
  • 株式会社イートウォーク
  • SFPダイニング株式会社
  • 株式会社YUNARI
  • 株式会社グルメブランズカンパニー
  • 株式会社KRフードサービス
  • 株式会社クリエイト・ダイニング
  • CREATE RESTAURANTS ASIA PTE.LTD.
  • 香港創造餐飲管理有限公司
  • 台湾創造餐飲股份有限公司
  • Create Restaurants NY Inc.
  • 中國創造餐飲管理有限公司
  • 上海創思餐飲管理有限公司
  • 上海造恵餐飲管理有限公司

[3387]クリエイト・レストランツHD 事業別の売上高

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[3387]クリエイト・レストランツHD ひとくちコメントとQ&A

前述のようにM&Aによる陣容の拡大と、株主優待の拡充でその業績と株価を向上させてきた[3387]クリエイト・レストランツHD。最近は一時の勢いは感じられませんが、優待が拡充された結果として2017年10月現在では100株保有した時の優待利回りが約5%というかなり美味しい水準に達しています。配当利回りも1%前後なので合計利回りは6%台という最近では珍しい好還元の銘柄となっていますね。今後、急成長はしないにしてもヨコヨコ〜微増くらいの業績と、今くらいの還元を維持してくれれば個人的には満足です。

読者代表
[3387]クリエイト・レストランツHDの2017年2月期決算はイマイチでしたよね。
たっちゃん
ここ最近はほぼ毎期の連続増益・連続増配を繰り返してくれていた[3387]クリエイト・レストランツHDですが、2017年2月期はまさかの前期比での減益決算となり、株価もそれを受けて10%程度の下落となってしまいました。2018年2月期もまさかの減配予想と踏んだり蹴ったりですね。急成長する会社の業績が一旦足踏みというのは、同社に限らず良く見られる光景だと思います。ここらで踏みとどまることができるか、同社の真価が問われそうですね。

[3387]クリエイト・レストランツHD たっちゃん独自レーティング

★★★★☆(2017年10月31日現在)

[3387]クリエイト・レストランツHD 格上げ銘柄です
前回、2017年5月に記事を更新した時は★★★☆☆評価でしたが、2017年10月に発表した2018年2月期の1Q決算が好調だったため、株価がドンと上昇し★★★★☆評価に格上げとなりました。春にかけては、まさかの減益決算、減配予想で株価はイマイチな推移でしたが、ここから逆転はなるのでしょうか?
独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[3387]クリエイト・レストランツHDの購入単価は739円となっています。元々の購入単価は500円程度だったのですが、最近は関西エリアでの店舗の充実で、同社の株主優待が利用しやすくなったので、保有株数を増やしてゲットする優待券の枚数を半年で12,000円分(株数は500+100+100=700株)にしています。その結果、購入単価が上がっています。

[3387]クリエイト・レストランツHD 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

この5年ほどで急成長を遂げた[3387]クリエイト・レストランツHD。中には、初期の頃から同社に注目していてその株価の上昇の恩恵を受けられたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。私は優待銘柄として注目されたから同社の株式を購入したので、最初はやや出遅れ感があったのですが、結果的には自分が買った金額でもそれほど悪くはない投資成果となっています。

[3387]クリエイト・レストランツHD 株主優待制度(年2回3月,9月)

優待内容優待食事券
100株以上3,000円相当
500株以上6,000円相当
1,500株以上15,000円相当
4,500株以上30,000円相当
[3387]クリエイト・レストランツHD 株主優待の注意事項
複数名義で[3387]クリエイト・レストランツHDの株主優待をゲットすると、金額が大きくなってしまいますよね。同社の優待の期限は配布されてから、おおよそ半年と比較的短くなっていますので、利用するのを忘れてしまわないように気をつける必要がありますね。
3387クリレスHD株主優待券

[3387]クリエイト・レストランツHD 2017年2月権利確定分 株主優待券 期限約半年

[3387]クリレスHD 優待利用日記 九龍點心(2017年4月)

[3387]クリレスHD 優待利用日記 ザ・プレミアム(2017年2月)

[3387]クリエイト・レストランツHD 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER34.89倍
PBR5.63倍
ROE17.8%
予想配当利回り0.82%
最終データ更新日2017年10月31日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年2月期9.52.784.87
2013年2月期11.95.332.66
2014年2月期20.47.332.27
2015年2月期68.87.561.49
2016年2月期35.211.71.20
2017年2月期34.9131.44
2018年2月期(予想)34.810-
[3387]クリエイト・レストランツHD 過去の業績の注意事項
2015年2月の1株当たり純利益(EPS)が非常に大きくなっていますが、これは子会社の[3197]SFPダイニングが上場したことで、保有株式の持分変動利益が64.6億円生じたためです。また、過去2回に渡り株式3分割(合計9分割)を行った結果、上記の数字は小数点以下が細かめになっています。また、2012年の優待創設以前は高配当銘柄だったという事実も興味深いですね。

この記事に関連するおすすめ記事


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。