KDDI[9433]の株主優待制度・業績と配当金推移

9433KDDIアイキャッチ画像

この記事では、天下の国内通信3強の一角で、携帯電話のauブランドや、ケーブルテレビのJCOMブランドでおなじみの[9433]KDDIのひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。

なお、[9433]KDDIでは2017年3月期から新しく「カタログギフト形式」の株主優待制度をスタートさせています。この記事の後半では、新しく始まった株主優待制度を実際にいただいたカタログギフトの画像付きでご紹介することにしたいと思います。




[9433]KDDI 事業内容の紹介

9433KDDIトップページ画像

上記の画像は[9433]KDDIのトップページから引用

国内3大通信株の一角なので、その名前を知らないという方はほとんどいらっしゃらないのではないかと思われる[9433]KDDI。ライバルの通信株である[9432]NTTと[9437]NTTドコモと並んで高配当銘柄として知られておりまして、この3社を全部保有しているという配当好きの投資家は少なくないのではないかと思います。

また、[9433]KDDIの子会社としては[9436]沖縄セルラー電話がありますね。こちらは、沖縄県内のみを業務エリアとしており、またジャスダック上場企業のため影は薄いと思うのですが、こちらもこちらで安定業績・高配当の連続増配銘柄です。私のポートフォリオでは、[9433]KDDIと合わせて保有しています。

沖縄セルラー電話[9436]の株主優待制度・業績と配当金推移

2017.03.31
読者代表
[9433]KDDIの現状が好調なのはわかりますが、通信一本ではどこかで行き詰まるのでは?
たっちゃん
通信1本では行き詰まる可能性があるというのは確かにおっしゃる通りかもしれません。現状の国内通信株は3強が確立しており、競争状況が適度に収まっておるおかげなのか、3社ともびっくりするくらいの高収益となっていますよね。ただ、いずれは伸び悩むのは避けられないことだと思います。そのため、最近の[9433]KDDIは通信企業から「ライフデザイン企業」への脱皮を図っているようですね。つまりは、通信サービスだけではなく生活のステージに応じた色々なサービスを提供するということですね。

[9433]KDDI auのライフデザイン展開

  • スマホ・ケータイ
  • ひかり
  • 食品
  • 日用品
  • でんき
  • 生命保険
  • 損害保険
  • ローン

[9433]KDDI 事業別の売上の内訳

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[9433]KDDI ひとくちコメントとQ&A

ここ10年ほどは着実な増収・増益基調となっている[9433]KDDI。ここまで堅実に儲かるのであれば、もっと通信料金は安くても良いのでは?と思うこともありますが、株主としてはきっちり儲けてくれた方が安心ですよね。株価はここ10年で3倍以上になっていますが、業績も配当も程よく伸びてきています。その結果、2017年6月現在では配当利回り3%前後とギリギリ高配当と呼べそうな水準をキープしています。

読者代表
[9433]KDDIの将来性はどう見ているのですか?
たっちゃん
もうみんながケータイ・スマホを持っているので、これ以上業績は良くならないだろうと思いきや、それでも堅実に業績を伸ばしてきていますよね。直近は国の施策による0円販売の禁止で、契約数自体は伸び悩んでいますが、その一方で一時期は下がる傾向にあった客単価が最近は上昇してきています。また、同社は格安スマホのUQモバイルにも力を入れていますよね。他者の格安スマホに流れるくらいなら、自社で取ってしまおうということなのでしょうね。

[9433]KDDI たっちゃん独自レーティング

★☆☆☆☆(2017年6月8日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[9433]KDDIの購入単価は3,155円となっています。後述するカタログギフトの優待が導入された時に[9436]沖縄セルラーから一部乗り換えてポートフォリオ入りした同社ですが、2017年6月現在では、残念ながら株価はマイナスでの推移となっておりまして★☆☆☆☆評価となります。

[9433]KDDI 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

ここでは[9433]KDDIの1年チャート(上)と10年チャート(下)をご紹介します。10年単位でみるとキレイに上昇してきた[9433]KDDIの株価ですが、最近は伸び悩みとなっていますね。PERは10倍台前半、配当利回りは3%前後であり魅力に欠けるわけではないと思うのですが、ここから勢いある成長というのは想像しにくいですよね。配当金生活向きの銘柄ではあると思うんですけどね。

[9433]KDDI 株主優待制度(年1回3月)

au WALLET Market 商品カタログギフト

  • 100株以上:3,000円相当
  • 1,000株以上:5,000円相当
[9433]KDDI 株主優待注意点
KDDI[9433]の株主優待には5年以上の長期保有の優遇制度があります。5年以上継続保有した場合は、カタログギフトの金額は以下のようになります。私は昨年株主になったところなので、5,000円相当のカタログギフトがいただけるのは相当先ということになりそうですね。

  • 100株以上:5,000円相当
  • 1,000株以上:10,000円相当
9433KDDIカタログギフト

[9433]KDDI 2017年3月権利確定分 3,000円相当のカタログギフト

[9433]KDDI 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

  • PER:13.75倍
  • PBR:2.08倍
  • ROE:15.9%(17.3月期)

PER・PBR・ROEは2017年6月8日現在の数字です

 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2014年3月期132.943.32.17
2015年3月期158.156.72.08
2016年3月期197.6702.33
2017年3月期221.7852.91
2018年3月期(予想)218.4903.00(6/8時点)

この記事に関連するおすすめ記事

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。