エクセロン[EXC]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

EXCエクセロンアイキャッチ画像

この記事では、米国大手の電力株の一角であり、高配当株式としても知られている[EXC]エクセロンのひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。



[EXC]エクセロン 事業内容の紹介

EXCエクセロントップページ画像

上記の画像は[EXC]エクセロンのトップページから引用

エクセロン[EXC]は、米国大手の電力会社の1つです。全米18州とカナダで事業を展開しており、売上高ベースでは堂々の米国No.1の公共系の企業となっています。ただ、時価総額では公共株の中で5~6位前後での推移となっておりまして、売上高の割には市場での評価が低くなっていることがわかりますね。

読者代表
[EXC]エクセロンはなぜ市場の評価が低いと思いますか?
たっちゃん
[EXC]エクセロンは、売上高こそ大きいもののその発電能力の6割程度が原子力発電所によるものとなっており、これが即悪いこととは言えないものの、同社の現在〜将来の業績を難しくしている面があるのではないかと思います。かつて、事故を起こしたことで悪い意味で有名になってしまったスリーマイル島の原子力発電所も同社の保有となっていますね。
読者代表
そのスリーマイル島の原発は廃炉の方針が発表されましたね。
たっちゃん
そうですね。重大事故を起こしたスリーマイル島の原発施設は、事故を起こさなかった原子炉については、営業を継続していたのですが、2017年の春に2019年目度の廃炉が発表されました。現状では、原発よりも他の発電方法という傾向があると思います。同社も原発比率を徐々に下げていかざるを得ない可能性はありますね。

[EXC]エクセロン 事業別の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[EXC]エクセロン ひとくちコメントとQ&A

前述のように、エクセロン[EXC]が米国内で最も多くの原子力発電所を保有しているからといって、それが即業績が悪いことにつながるわけではないと思うのですが、それでも現実問題として同社は2012年までの2.10$の配当水準から、2013年には1.46$、2014年には1.24$と連続減配をしてしまったことがあり、これが同社株の評価の低さの一因となっていると思います。

読者代表
[EXC]エクセロンの配当は以前の2$台に戻る可能性はあるのでしょうか?
たっちゃん
可能性があるか、ないかというと「ある」としか言いようがないですね。実際のところ、一時は1.24$まで減配されてしまった同社の配当ですが、最近はまた増配傾向に転じています。今年2018年の予想水準で1.38$程度にしか過ぎないのですが、できる範囲で配当を増やそうという意欲は感じられますよね。いずれはまた同社の2$台の配当を見てみたいものです。



[EXC]エクセロン たっちゃん独自レーティング

★★★☆☆(2018年5月4日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[EXC]エクセロンの購入単価は33.24$となっています。2018年5月現在では株価はある程度上昇しておりまして、★★★☆☆評価となりますね。

[EXC]エクセロン 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスより

米国電力株にしては珍しく、もともと連続増配に期待しないで購入した銘柄である[EXC]エクセロン。実は、10年前には株価が90$程度だったのに、金融危機後に株価が急落したという過去があります。一方、ここ5年間の株価推移だけを見ると非常に安定したものとなっていますね。原発の先行き自体が不透明だと考える方にはあまりお勧めできない銘柄ですが、過去2.1$配当していただけに増配余地はあると考える方には、魅力的であると言えるかもしれません。

[EXC]エクセロン 過去の受取配当金のまとめ

 保有株数1株配当($)今回の税引後配当金($)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2018年3月1450.34538.224,1664,166

[EXC]エクセロン 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER11.6倍
PBR1.3倍
ROE13.5%
予想配当利回り3.38%
最終データ更新日2018年5月4日
 EPS($)配当金($)期末配当利回り(%)
2012年12月期1.422.107.06
2013年12月期2.001.465.33
2014年12月期1.881.243.34
2015年12月期2.541.244.47
2016年12月期1.221.263.55
2017年12月期3.971.313.32

[EXC]エクセロンを買うならこちら 米国株取扱ネット証券

名称各ネット証券のひとことアピール
最終更新日2018年5月4日
マネックス証券米国株取扱ネット証券では最大の約3,000銘柄対応。買えない銘柄を探す方が難しい!?
楽天証券米国以外の企業で米国市場に上場しているADRの取扱は最多。各種取引で最大46,000Pプレゼント(5/31まで)
SBI証券国内株式で口座開設数No.1。たっちゃんは法人口座の米国株取引で愛用中。国内株式、投資信託の取引で最大2万円ゲット(5/31まで)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。