すかいらーく[3197] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

3197すかいらーく配当金受領日記

この記事は、ファミリーレストランのガスト・バーミヤンなどの展開で有名な[3197]すかいらーくの過去の受取配当金・事業報告書のまとめ記事です。2017年12月期以降の受取配当の報告、ならびに、過去の事業報告書で気になったネタを時系列でご紹介したいと思います。

なお、[3197]すかいらーくの銘柄紹介は記事の長さの関係で別ページとしています。興味のある方は、合わせてご覧いただければと思います。

すかいらーく[3197]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.03.21



[3197]すかいらーく 過去の受け取り配当金 まとめ

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2017年12月期 期末300225,5905,590

[3197]すかいらーく 配当金受領報告と事業報告書

外食業界では国内トップクラスの[3197]すかいらーく。上を見ると、売上高ベースでは[7550]ゼンショーHDがいるだけですね。その展開している店舗数は3,000を超え、全国どこでも同社のお店は見られるのですが、私の住んでいる兵庫県エリアでは首都圏に比べるとお店の密度が低いような気がします。

また、同社は優待利回り4%台以上の株主優待が魅力の会社ではありますが、優待のバラマキすぎによるコスト上昇が話題になることもあるくらいで「いずれ改悪されるのでは?」と懸念している人が多いように思いますね。私としては、一応優待は今の内容で継続すると期待しつつ、投資を続けたいと思っています。

[3197]すかいらーく 2017年12月期期末 期末配当金と事業報告書

3197すかいらーく期末配当金

[3197]すかいらーく 2017年12月期 期末配当金

  • 保有株数:300株
  • 1株配当:22円
  • 税引後受取配当金:5,590円
3197すかいらーく配当と優待の方針

この文章を見るに、優待の廃止はなさそう?

さて、上記のように[3197]すかいらーくの話題の1つといえば「今の株主優待の内容は続けられるかどうか」ではないでしょうか。2017年12月期の事業報告書の上の文章を読む限り、優待は続けてくれるように思うのですが「優待金額を減らして優待を続ける」というオチでも優待を続けてくれていることにはかわりないですよね。こういう不吉な予言だけ当たらないように願っておきたいと思います。

また、配当性向は40%程度を目標しています。前期、2017年12月期は44%の配当性向でした。今後も、2018年12月期・2019年12月期と同じような業績予想となっているため、よほどの業績の急変がない限りは38円の配当が継続なのではないかと期待しています。配当性向が50%,60%まで高まってくるようだと減配もあり得るかもしれませんけどね。



[3197]すかいらーく 銘柄解説ページ

すかいらーく[3197]の株主優待制度・業績と配当金推移

2018.03.21

[3197]すかいらーく 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER17.03倍
PBR2.33倍
ROE15.5%
予想配当利回り2.56%
最終データ更新日2018年3月26日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2014年12月期49.613.521.12
2015年12月期77.8332.10
2016年12月期93.6382.46
2017年12月期94.3→86.4382.37
2018年12月期(予想)87.338-

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


3197すかいらーく配当金受領日記
岡三オンライン証券 くりっく株365

もれなく4,000円ゲットのチャンス
岡三オンライン証券 くりっく株365

たっちゃんと岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン。口座開設の際、メールで送られて来るキャンペーンコードを入力し、口座開設後5万円を入金するだけで4,000円ゲットです。

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。