テー・オー・ダブリュー[4767]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

4767TOWアイキャッチ画像

この記事では、イベント企画の分野では大手であり、さらに高配当銘柄でもある[4767]テー・オー・ダブリューのひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。




[4767]テー・オー・ダブリュー 事業内容の紹介

4767TOWトップページ画像

上記の画像は[4767]テー・オー・ダブリューのトップページから引用

広告代理店系の会社である[4767]テー・オー・ダブリュー。実際にメインとしている事業は、大手メーカーなどから受注するプロモーション・販促活動のキャンペーンの制作がメインとなっています。この記事の中では画像はご紹介しませんが、その受注先は大手の会社ばかりでありまして、普段の生活の中で見かける広告も実は同社のものだったというものもありますね。私としてはZ会の通信教育で有名な会の『超難問コロシアム』という企画が同社のものだったということに驚きました。

読者代表
[4767]テー・オー・ダブリューのような広告系の会社は今は好調でも、不景気の時に厳しいのでは?
たっちゃん
過去の不景気がそうだったとしても、次に来るべき不景気の時もそうであるとは言い切れませんが、確かに不景気の時の広告系の業績は厳しい傾向にあると言えると思います。ネット広告のメディアを運営している方の話を聞いても、確かに景気は良い方が広告費がガンガン出る傾向にあるということですからね。
読者代表
[4767]テー・オー・ダブリューは配当利回り4.5%を目安とすると聞きましたが、本当ですか?
たっちゃん
そうですね。同社の事業報告書によると、配当政策として(1)配当性向の40%、(2)配当利回り4.5%のいずれか高い方の配当金を取るとあります。ただし、連結配当性向50%を超えないようにするとありますので、今期の予想配当利回りは3%程度に留まっています。配当利回り4.5%を目指すには、かなりの業績向上が必要ですね。

[4767]テー・オー・ダブリュー 事業別の売上の内訳

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

読者代表
2019年6月期の上の成績は前年度からの変動が激しいんですね。
たっちゃん
そうですね。同社の2019年6月期の売上は全体で見ると▲2.5%という動きなのですが、主力2部門を見ると販促部門が▲29.4%で広報部門が+42.1%というビックリの振れ幅となっています。同社くらいの規模ですと、大型案件の影響が大きいということなんでしょうね。

[4767]テー・オー・ダブリュー ひとくちコメントとQ&A

かつては、配当金生活のブログの「高配当銘柄トップ10」の常連銘柄だった[4767]テー・オー・ダブリュー。2019年6月期で5年連続の増配であり、その間の配当水準は14円から29円にまで上昇しています。

読者代表
テー・オー・ダブリュー[4767]は減配をした過去があるんですよね。
たっちゃん
そうですね。確かに業績がややイマイチだった2013年6月期には15.5円から14円に減配がなされています。この実績を見る限りは、今後も業績が減速した時には減配する可能性があると考える方が自然でしょう。ただ、減配時も豪快に減配することはないと期待したいですね。




[4767]テー・オー・ダブリュー たっちゃん独自レーティング

★★★☆☆(2019年10月19日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[4767]テー・オー・ダブリューの購入単価は647円となっています。一時は★★★★☆評価まで駆け上がったこともあったのですが、その後の株価はやや調整しており評価は★★★☆☆です。

[4767]テー・オー・ダブリュー 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

ここでは[4767]テー・オー・ダブリューの1年チャート(上)と10年チャート(下)をご紹介します。前述のように、この3年で配当水準がほぼ倍増となった同社。株価の方も倍増以上の勢いといいたいところですけれども、2018年初頭をピークとして、それ以降は息切れとなってしまっていますね。直近の業績が伸び悩んでいること、また、最近は小型株は似たような値動きのところが多いので、そのどちらか、もしくは両方の影響を受けているのかもしれませんね。

[4767]テー・オー・ダブリュー 株主優待制度(年1回6月)

優待内容クオカード
500株以上かつ1年以上保有500円相当
500株以上かつ3年以上保有2,000円相当
読者代表
2019年8月に株主優待制度の導入が発表されましたね。
たっちゃん
そうですね。[4767]テー・オー・ダブリューは2019年8月にクオカードを優待内容とする株主優待制度を新設しました。最低投資単位が500株からなので、200株しか保有していない私は対象となっていません。この機会に500株まで買い増しするかどうかは迷っているところです。

[4767]テー・オー・ダブリュー 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

テー・オー・ダブリュー[4767] 配当金受領日記と事業報告書のまとめ

2019.03.14
PER12.60倍
PBR1.82倍
ROE14.9%
予想配当利回り3.96%
最終データ更新日2019年10月19日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2020年6月期(予想)60.130-
2019年6月期53.4→59.927→293.76
2018年6月期53.4→49.0→53.8273.32
2017年6月期53.7263.14
2016年6月期48.4223.64
2015年6月期36.916.52.76
2014年6月期28.9144.05
2013年6月期18.8144.65


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。