イマイチ要因重なりまさかの中間期営業赤字転落へ [2208]ブルボン 2020年3月期中間配当金

2208ブルボン主要お菓子類

今回の記事では、ルマンド・アルフォートなどのビスケット系のお菓子に強い[2208]ブルボンをご紹介します。それ以外にもスナック菓子、チョコレート系の商品に、最近はルマンドアイスのヒットでも記憶に新しい銘柄ですね。

ルマンドアイスのヒットもあってか、2018年の初め頃にかけて急上昇していた[2208]ブルボンの株価。しかし、その後は反落傾向となり、2020年1月時点では2年前の半分程度の株価で推移しています。今中間期はまさかの赤字決算でしたが、下半期で株価・業績を挽回させることはできるでしょうか?




[2208]ブルボン 2018年3月期以降の受取配当金

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2020年3月期 中間100118771,754
2019年3月期 期末10011877877

[2208]ブルボン 2020年3月期中間配当金

2208ブルボン2020年3月期中間配当金

[2208]ブルボン 2020年3月期 中間配当金

  • 保有株数:100株
  • 1株配当:11円
  • 税引後受取配当金:877円

[2208]ブルボン ルマンドアイスの販売がイマイチでした

2208ブルボンのその他事業

冷夏の影響もあり、ルマンドアイスがイマイチでした。

さて、今回は[2208]ブルボンの中間報告書から、同社のサブ事業である「飲料・食品・冷菓・その他事業」について、ご紹介することにしたいと思います。

2020年3月期・中間決算でまさかの営業赤字に転落してしまった[2208]ブルボン。その要因としては、2019年3月期に発覚した金属片混入の影響もあったでしょうし、2019年の夏が冷夏だったことによる、ルマンドアイスの販売不振もありました。

さらに、営業損益とは関係ありませんが、為替差損が1.31億円も発生してしまい、その結果として営業赤字に比べて、経常赤字がより大きくなる結果となってしまいました。

こんな感じで、中間決算時点では厳しい状況となってしまっている[2208]ブルボンですが、期末には営業利益ベースで前年度比△26%の着地を見込んでいます。前年度比減益だとしても、これくらいで着地できれば御の字と言えるでしょうね。

[2208]ブルボン 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER20.80倍
PBR0.93倍
ROE6.9%
予想配当利回り1.30%
最終データ更新日2020年3月6日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2020年3月期(予想)137.4→85.323 記-
2019年3月期129.8221.17
2018年3月期152.3210.69
2017年3月期152.019 記0.72
2016年3月期107.9171.00
2015年3月期81.1161.03

[2208]ブルボン 詳しい銘柄紹介ページはこちらです

ブルボン[2208]の株主優待制度・業績と配当金推移

2020.01.04

DividendLife2.0 おすすめ関連記事とおすすめ情報

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。