PPLコーポレーション[PPL]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

PPLアイキャッチ画像

この記事では、アメリカ・ペンシルバニア州を本拠地として、アメリカとイギリスで電力事業とガス事業を営んでいる高配当株式である[PPL]PPLコーポレーションのひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。



[PPL]PPLコーポレーション 事業内容の紹介

PPLコーポレーショントップページ画像

上記の画像は[PPL]PPLコーポレーションのトップページから引用

PPLコーポレーション[PPL]は米国上場の公共系(電力・ガス株)の中では中堅どころの10位台の銘柄です。もともと、米国の大規模州であるペンシルバニア州を本拠地としており、以前は同州内の営業にとどまっていたのですが、その後M&Aを駆使して陣容を拡大し、現在はケンタッキー州や英国でも事業を行なっています。その顧客数は電力事業の方で1,000万強、ガス事業の方では30万程度となっていますね。

[PPL]PPLコーポレーション 国別の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[PPL]PPLコーポレーション ひとくちコメントとQ&A

米国中堅どころの公共株である[PPL]PPLコーポレーション。このサイトでは度々述べていることですが、米国中堅どころの公共株であっても、その時価総額は2兆円台に達しています。国内大手の電力株・ガス株では、最大の時価総額のものでも1兆円台なので、中堅どころとはいえ侮れない規模であるということがわかりますね。

読者代表
アメリカとイギリスの2カ国で事業を行なっているというのは珍しいように思います。
たっちゃん
国内の電力株のイメージで考えると、どうしても公共株は内需株であるという印象を受けますよね。ただ、私の保有株の中でも国内電力株の[9513]電源開発や、イギリスの公共株である[NGG]ナショナルグリッドなど、積極的に海外に討って出ている会社もありますね。

電源開発[9513]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2017.11.13

ナショナルグリッド[NGG]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2017.08.06

[PPL]PPLコーポレーション たっちゃん独自レーティング

★★★☆☆(2017年8月23日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[PPL]PPLコーポレーションの購入単価は32.71$となっています。2017年8月現在では株価はじり上げ傾向となっており、今の所は★★★☆☆評価となりますね。

[PPL]PPLコーポレーション 過去5年間の株価推移

PPL株価チャート

上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用 2017年8月23日記録

業績・配当・株価ともにヨコヨコ推移に期待して保有している米国電力株の1つである[PPL]PPLコーポレーション。2016年の後半には、株価が軟調に推移してしまい泣きのナンピンを行なったのですが、偶然にもその後株価は回復し、今の所はナンピンが成功しているように思いますね。

[PPL]PPLコーポレーション 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

  • PER:16.3倍
  • PBR:2.5倍
  • ROE:19.1%
  • 配当利回り:4.06%
  • ベータ値:0.50

PER・PBR・ROE・配当利回り・ベータ値は2017年8月23日現在の数字です

 EPS($)配当金($)期末配当利回り(%)
2013年12月期1.761.444.79
2014年12月期2.611.494.10
2015年12月期1.011.504.39
2016年12月期2.791.524.46

この記事に関連するおすすめ記事


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。