iシェアーズ米国リートETF[1659]の特徴と投資口価格と分配金・分配利回りの推移

1659米国リートETF

この記事では、アメリカのリート市場の指数と連動するように組成されている米国上場のETFで、世界トップのETF運用会社であるブラックロック社のiシェアーズシリーズの株式ETFの1つ、[1659]iシェアーズ 米国リート ETFの特徴とひとくちコメント並びに投資口価格推移、分配金の推移をご紹介することにしたいと思います。



[1659]iシェアーズ 米国リート ETF 特徴

iシェアーズ 米国不動産 ETF[1659]は、米国リートで構成されている指数である『FTSE NAREIT Equity REITs インデックス』に連動するように組成されているETFです。米国リートに投資するETFとしては、配当金生活の最も初期のころから投資している[IYR]iシェアーズ 米国不動産 ETFという商品があります。

詳細は下記でご紹介している通りであり、コンセプトとしては大きく変わったものではないのですが、信託報酬が違う(0.44% vs 0.20%)ことと、連動する指数が違う(IYRはダウ・ジョーンズ米国不動産指数)こともあり、パフォーマンスは意外に違っています。どっちを買うか迷ったら、両方を半分買っておくというのは私の投資ではよくある戦略ですね。

iシェアーズ米国不動産ETF[IYR]の特徴と投資口価格と分配金・分配利回りの推移

2018.04.13

[1659]iシェアーズ 米国リート ETF 主要データ(2018年3月)

  1. 投資対象:米国リート
  2. 保有銘柄数:1
  3. 信託報酬:0.20%
  4. 分配利回り:0.7%
読者代表
保有銘柄数1に分配利回り0.7%ってめちゃくちゃじゃないですか?どうなっているんでしょうか。
たっちゃん
まず、保有銘柄についてですが、実は米国上場の銘柄である[USRT]ISHARES CORE US REIT ETFだけとなっています。つまりは、米国市場に上場している超有名リートETFを購入するのと同じことなのですが、この商品は米国市場では信託報酬0.08%なんですよね。そう思うと、米国市場で直接買いたいところですが、国内のネット証券では取扱がないんですよね。需要はありそうなのに、何か事情でもあるんでしょうかね。
読者代表
米国リートというと、分配利回り4%くらいはありそうなものですが。
たっちゃん
そうですね。確かに米国上場の[USRT]ISHARES CORE US REIT ETFは大体4%程度の利回りとなっています。つまり、[1659]iシェアーズ 米国リート ETFも大体4%程度の利回りは期待できるということです。では、なぜ[1659]iシェアーズ 米国リート ETFの分配利回りが低いかというと、おそらくは上場したばかりのETFだからです。他のETFでも最初の分配は少なめで、1年くらい経って通常の分配になるというのはよく見かけることなんですよね。なお、最初の分配が少ない理由をご存知の方がいればご教示ください。

[1659]iシェアーズ 米国リート ETF 上位の保有銘柄(2018年3月)

  1. [USRT]ISHARES CORE US REIT ETF

[1659]iシェアーズ 米国リート ETF 業種別投資割合(2018年3月)

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[1659]iシェアーズ 米国リート ETF ひとくちコメントとQ&A

最近は世界のリートに投資する信託報酬の低いインデックスファンドが登場しており、iシェアーズ 米国不動産 ETF[1659]は米国リートに投資する最善手とはいえないと思うのですが、私自身は世界のiシェアーズブランドを信頼しており、また、インデックスファンドと違って定期的な分配もありますので、これからも投資の主力としていきたいと思っています。

読者代表
これから[1659]iシェアーズ 米国リート ETFと[IYR]iシェアーズ 米国不動産 ETFのどちらを米国リートの主力にするんですか?
たっちゃん
[1659]iシェアーズ 米国リート ETFはまだ初期のお試しの段階なので、今は1659:IYR=1:10くらいの割合となっています。ただ、今後[1659]iシェアーズ 米国リート ETFの運用が安定してくれば、1:2くらいにはしたいと思っています。それでも米国市場への投資割合が高いのは、[1659]iシェアーズ 米国リート ETFの流動性が低いからなんですよね。米国市場だとびっくりするほど取引されているんですけどね。



[1659]iシェアーズ 米国リート ETF たっちゃん独自レーティング

★☆☆☆☆(2018年3月28日評価)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[1659]iシェアーズ 米国リート ETFの購入単価は2,084円となっています。2018年3月現在、購入してからまだ4ヶ月程度しか経っていないのですが、下でもご紹介するように株価は右肩下がりでありまして、残念ながら東証市場に上場している保有銘柄の中では、最下位争いするほどです。当然ながら★☆☆☆☆評価ですね。

[1659]iシェアーズ 米国リート ETF 過去5年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

iシェアーズ 米国リート ETF[1659]の上場してからの値動きを見ておきます。この銘柄が上場した2017年秋はまだ為替も米国リートも絶好調な時でした。その後、為替は円高傾向に、また、米国長期金利の上昇傾向を受けてリートもやや軟調というダブルパンチです。投資口価格が右肩下がりというのも当然の結果と言えるのかもしれませんね。

[1659]iシェアーズ 米国リート ETF 過去の受取分配金

 保有口数1口分配(円)今回の税引後分配金(円)税引後の累計分配金(円)
2018年2月77331,9641,964

[1659]iシェアーズ 米国リート ETF 1口あたり分配金の推移

 分配金(円)期末分配利回り(%)
2018年1~12月分120.69(3/28現在)
実際の2018年1~12月分の分配金はもっと多くなります
iシェアーズ 米国リート ETF[1659]は年4回分配のETFです。この記事を執筆している2018年3月時点では、まだ初回の2018年2月の分配しか受け取っていません。そのため、上の数字はその分配(3円)を4倍したものとなります。本文中で述べた通り、初回の分配は少なくなっておりまして、今後時が経つに連れて本来あるべき分配利回りである4%程度に近づいていくものと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


1659米国リートETF
岡三オンライン証券 くりっく株365

もれなく4,000円ゲットのチャンス
岡三オンライン証券 くりっく株365

たっちゃんと岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン。口座開設の際、メールで送られて来るキャンペーンコードを入力し、口座開設後5万円を入金するだけで4,000円ゲットです。

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。