松屋フーズ[9887]の株主優待制度・業績と配当金推移

9887松屋フーズアイキャッチ画像

この記事では、松屋などの牛めし店舗、松のやなどのとんかつ店舗で利用できる10食分の株主優待券がゲットできる株主優待制度で知られる[9887]松屋フーズの株主優待の情報、及びひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。




[9887]松屋フーズ 事業内容の紹介

9887松屋フーズトップページ画像

上記の画像は[9887]松屋フーズのトップページから引用

松屋フーズ[9887]というと、以前は牛めしや焼肉系の定食のお店『松屋』がほとんどを占める会社でしたが、最近は新しくとんかつ業態の『松のや』『松乃家』の展開に力を入れています。

とんかつ系は[3085]アークランドサービスの『かつや』が強いというイメージをお持ちの方が多いと思うのですが、同社の店舗数はまだ全国に300台ですので、現状はまだ100店舗程度の同社のとんかつブランドでも今から十分に逆転の可能性はあるように思いますね。

[9887]松屋フーズ 主要外食ブランドの一覧

  • 松屋
  • 松のや(松乃家)
  • チキン亭
  • すし松
  • 福松(お寿司)
  • 麺ダイニング セロリのハナ
  • テラスヴェルト(カフェ)

[9887]松屋フーズ 事業別の売上高

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[9887]松屋フーズ ひとくちコメントとQ&A

松屋フーズ[9887]といえば、一時期は業績が低迷しており、株価も1,000円台というのが定位置でした。2005年に2,000円台で買っていた私は、購入単価には一生戻らないだろうな・・と思っていたのですが、2016後半ごろから一気に株価がブレイクします。最近は、なんとビックリの株価4,000円台に突入しているんですよね。ITバブルの頃につけた4,650円(分割考慮後)の上場来高値も視野に入っています。なんて書いてしまうと天井のフラグかもしれませんけどね。

読者代表
[9887]松屋フーズが優待改悪銘柄だというのは本当ですか?
たっちゃん
既に記憶にあるという方が少なくなって来ているかもしれませんが、実は私が同社の株式を購入した時は優待が年2回、つまりは今の倍額の優待がいただけていました。しかし、ほどなくしてその優待は年1回に半減されてしまいます。株価も下落傾向になり、一生塩漬けだと思っていたのですが、最近の株価上昇でついに+の成績で利益確定することができたんですよね。
読者代表
利益確定ということは、今は1株ももっていないということなのですか?
たっちゃん
実は、2017年5月現在では一旦全株を利益確定してしまっています。となると、配当金生活のポートフォリオの保有銘柄カタログに加えなくていいんじゃないの?とツッコミされてしまいそうですが、この銘柄は読者の皆様からの人気が高いので、優待券をもっていなかったとしても定期的にフォローしていきたいと思っているんですよね。それは、自分自身がいつか買い戻すつもり(一生買い戻せないフラグ?)だからというのもありますね。

[9887]松屋フーズ たっちゃん独自レーティング

★★★★★(2017年5月11日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[9887]松屋フーズを最後に保有していた時の購入単価は1,560円となっていました。最初は2,000円台で購入したのですが、その後必死のナンピンで購入単価を下げたんですよね。同社の株式は3,000円台の後半で全部売ってしまっているのですが、2017年3月現在も保有していたと仮定すると堂々の★★★★★評価となります。まさかあの松屋フーズが株価約3倍になるとは思いませんでしたね。

[9887]松屋フーズ 過去10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

前述のように、最近の業績回復を受けてなのか、優待人気もあってなのか[9887]松屋フーズの最近の株価は何かの間違いではないかと思うくらいの急上昇を見せています。ここまで上がるとついつい一旦売ってしまいたくなりますね。一旦売った私は、もう二度と同社をPFに加える事はないのでしょうか。または、いずれ2,000円以下の株価に戻って来るのでしょうか?

[9887]松屋フーズ 株主優待制度(年2回3,9月)

優待食事券10枚

  • 100株以上の全ての株主
[9887]松屋フーズ 注意事項
1枚で[9887]松屋フーズ自身が指定する主要メニュー等より1品選択可能となっています。松屋の場合は、主要なメニューは一部の高額のものを除いて、ほとんど指定できるようになっています。一方とんかつ業態の方は松屋に比べてメニューの選択の幅が狭くなっているので、ご注意ください。指定できるメニューは、随時以下のページにて更新されています。
読者代表
現在の[9887]松屋フーズの優待利回りはどうでしょうか?
たっちゃん
定番メニューのうち、値段がほぼ最高値の『ブラウンソースエッグハンバーグ定食+ご飯大盛り』で考えてみますと、定食の価格が710円ですので、10枚で年間7,100円分の食事が楽しめる事になります。ただ、2017年5月時点の絶好調の株価で換算しますと、優待利回りは1.7%程度にしか過ぎません。配当利回りも0.6%程度ですし、これではさすがに新規では買いにくいですよね。ただ、最近はそう思える銘柄ほど株価が好調なので、難しい相場だと感じます。
9887松屋フーズ株主優待券

[9887]松屋フーズ 2016年3月権利確定分 株主優待券 期限約1年

株主優待券利用日記 ビーフシチューエッグハンバーグ定食(2017年3月)

株主優待券利用日記 松乃家 ささみかつ定食(2014年5月)

[9887]松屋フーズ 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

  • PER:30.94倍
  • PBR:2.16倍
  • ROE:7.7%(16.3月期)

PER・PBR・ROEは2017年5月11日現在の数字です

 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2012年3月期111.7241.46
2013年3月期40.425記1.54
2014年3月期36.2241.34
2015年3月期33.9241.00
2016年3月期85.0240.86
2017年3月期148.926記0.63
2018年3月期118.0240.57(5/11時点)

この記事に関連するおすすめ記事

9887松屋フーズアイキャッチ画像

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。