パブリック・サービス・エンタープライズ[PEG]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

pegバブリック・サービス・エンタープライズアイキャッチ画像

この記事では、米国の代表的な株価指数であるS&P500の採用銘柄ではありながら、当ブログの中では比較的地味な中堅上位の公共事業(電力+ガス)株である[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズのひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。




[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズ 事業内容の紹介

PEGパブリック・サービス・エンタープライズトップページ画像

上記の画像は[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズのトップページから引用

米国の中では時価総額で10位台、売上高でも10位台の公共事業株である[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズ。もっと大手の会社ですと、複数の州で営業している会社が多いのですが、同社が営業エリアとしているのはニュージャージー州だけに留まっています。ただ、電力の顧客は220万、ガスの顧客は180万ほどおりまして、これは同州に住んでいる人の4人に3人が同社のサービスを選んでいるという事になるんだそうです。同州では圧倒的シェアということなのですね。

[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズ 地域別の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズ ひとくちコメントとQ&A

さて、[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズのメインとする事業は、前述のように『電力+ガス』でありまして、典型的な米国の公共株ということになりますね。この系統の会社は業績も配当水準も手堅いことが多く、[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズの場合も日本でいう営業利益ベースで見てみると、業績の変動幅は比較的小さい範囲に留まっています。

読者代表
[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズは110年連続で配当しているのですね。
たっちゃん
無配に転落しないというだけであれば、歴史のある企業ならば珍しくない事のような気もするのですが、実は同社によるとこの記録を上回っているのは、米国内で数社しかないんだそうです。意外な大記録という訳なんですね。
読者代表
[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズの連続増配記録は14年なのですね。
たっちゃん
30年以上の連続増配が珍しくない米国ではイマイチな数字に思えてならないのですが、14年連続増配というのも立派ですよね。同社のIRサイトではここ10年で配当水準が47%増加したことがアピールされていました。これから10年でさらに50%程度の配当増はなるのか?に注目したいですね。

[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズ たっちゃん独自レーティング

★★☆☆☆(2017年5月7日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズの購入単価は43.65$となっています。最近の同社の株価は、一進一退の攻防が続いておりまして、2017年5月現在では購入時から株価はあまり動いていません。レーティングは★★☆☆☆となりますね。

[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズ 過去5年間の株価推移

PEG株価チャート

上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用 2017年5月18日記録

さて、[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズの過去5年間の株価推移を見てみると概ね4割程度の上昇となっています。この間の株価指数の上げ方に比べると幾分イマイチではあるのですが、それでも私は元々公共系の銘柄には、ヨコヨコ業績・ヨコヨコ株価・堅調な配当を期待している訳なので、株価が上がればそれはラッキーというくらいの心づもりでいる事にしています。

[PEG]パブリック・サービス・エンタープライズ 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

  • PER:42.0倍
  • PBR:1.7倍
  • ROE:10.9%
  • 配当利回り:3.93%
  • ベータ値:0.37

PER・PBR・ROE・配当利回り・ベータ値は2017年5月7日現在の数字です

 EPS($)配当金($)期末配当利回り(%)
2014年12月期2.991.483.57
2015年12月期3.301.564.03
2016年12月期1.751.643.74

この記事に関連するおすすめ記事

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。