ビオフェルミン製薬[4517]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

4517ビオフェルミン製薬アイキャッチ画像

この記事では、乳酸菌を使った整腸薬の「ビオフェルミン」でおなじみで、地元兵庫県応援銘柄として保有している[4517]ビオフェルミン製薬のひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにします。




[4517]ビオフェルミン製薬 事業内容の紹介

4517ビオフェルミン製薬トップページ画像

上記の画像は[4517]ビオフェルミン製薬のトップページから引用

この記事をご覧のほとんどの方がご存知だと思われる「ビオフェルミン」でおなじみの[4517]ビオフェルミン製薬。同社は大手医薬品メーカーの一角である[4581]大正製薬のグループ企業となっておりまして、同社がその発行株式の6割台を保有しています。

読者代表
[4517]ビオフェルミン製薬の売上高はその多くが「新ビオフェルミンS」なんですね。
たっちゃん
そうですね。少し下の円グラフを見ていただくとわかるように、同社の売上高の6割台が「新ビオフェルミンS」の販売となっています。その他の商品も基本的にはビオフェルミンと名前のついた商品となっておりまして、まさに[4517]ビオフェルミン製薬にふさわしい品揃えとなっていますね。ちなみに、私も長年同社の製品を愛用しています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【指定医薬部外品】新ビオフェルミンS錠 540錠
価格:2307円(税込、送料別) (2020/12/22時点)

[4517]ビオフェルミン製薬 売上高の内訳

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[4517]ビオフェルミン製薬 ひとくちコメントとQ&A

1917年に神戸で一番栄えている三宮地区で開業した[4517]ビオフェルミン製薬(当時は株式会社神戸衛生実験所)は、その後1949年に現在の社名に変わり、同年に神戸証券取引所に上場します。

2020年現在販売している商品は、ほとんど全てが「ビオフェルミン」の名前を冠したものとなっており、商品自体の知名度が高く、その効能もわかりやすいことから、今後も安定的な業績推移となるのでは?と予想しています。

2020年12月現在の配当利回りは2%台と、高配当銘柄と呼ぶにはちょっと物足りませんが、同社が地元銘柄であることと、安定的に配当してくれそうなことを重視して、これからも継続して保有していきたいと思っています。

読者代表
2020年末で医療用医薬品の[4502]武田薬品工業への販売委託が終了するんですね。
たっちゃん
そうですね。同社は2008年に[4581]大正製薬によるTOBで同社の子会社となっていたのですが、実は[4517]ビオフェルミン製薬が創業した1917年から長年にわたって[4502]武田薬品工業への販売委託が行われていました。[4581]大正製薬のグループ会社となって以降は、徐々に武田との関係が薄れ、2020年末での「医療用医薬品」の販売委託終了という流れとなりましたね。




[4517]ビオフェルミン製薬 たっちゃん独自レーティング

★★★☆☆(2020年12月22日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[4517]ビオフェルミン製薬の購入単価は2,330円となっています。購入後の株価は比較的まったりと推移しておりまして、現状は★★★☆☆評価です。

[4517]ビオフェルミン製薬 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

業績も配当も比較的安定傾向にある[4517]ビオフェルミン製薬ですが10年単位で株価の推移を見てみると、意外に変動の大きい推移となっています。前述のように、同社の医療用医薬品の販売委託が武田薬品工業株式会社から親会社の大正製薬株式会社に変わるというイベントもありますが、業績にはほとんど影響はないということです。

[4517]ビオフェルミン製薬 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER17.38倍
PBR0.98倍
ROE7.8%
予想配当利回り2.43%
最終データ更新日2020年12月13日
 EPS(円)配当金(円)期末配当利回り(%)
2021年3月期(予想)142.160-
2020年3月期187.3602.54
2019年3月期192.8602.56
2018年3月期185.0602.10
2017年3月期159.185記2.79
2016年3月期133.1601.60

[4517]ビオフェルミン製薬 過去の受け取り配当金 まとめ

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2021年3月期 中間200305,0825,082
名称各ネット証券のおすすめポイント
最終更新日2021年1月27日
SBI証券ネット証券口座開設数No.1。口座数は500万を突破。法人口座ではメインの証券会社として利用しています。
楽天証券楽天ポイントとの連携が魅力。なんと楽天カードで投資信託が買え、ポイントも貯まるので、新規ならイチ押し。
マネックス証券ネット証券業界No.1の米国株銘柄数が魅力。個人的には1株単位で国内株を購入できるワン株サービスがお気に入りです。

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。