フィリップ・モリス・インターナショナル[PM]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

PMフィリップ・モリス・インターナショナルアイキャッチ画像

この記事では、世界最大級のたばこメーカーであり、高配当株式としても知られている[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルのひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。



[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル 事業内容の紹介

PMフィリップ・モリストップページ画像

上記の画像は[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル日本のトップページから引用

フィリップ・モリス・インターナショナル[PM]は、世界最大級のたばこメーカーです。しかしながら、その営業エリアは米国以外となっておりまして、下記の地域別の売り上げ構成をみると「アジア」が一番多いことがわかると思います。

[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル 地域別の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

読者代表
[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルはなぜ米国内で営業していないのですか?
たっちゃん
当然ながら、元々は米国を含む世界でたばこの販売を行なっている会社だったのですが、2008年に米国内のたばこ事業を担当する[MO]アルトリア・グループと、米国外の事業を担当する[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルに分離上場されたためですね。そのため、前者は米国内の事業だけを、後者は米国外の事業だけを担当しています。

アルトリア・グループ[MO]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2018.07.22

[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル 主なたばこのブランド

  • マールボロ
  • L&M
  • ボンド・ストリート
  • フィリップ・モリス
  • チェスターフィールド
  • パーラメントなど

[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル ひとくちコメントとQ&A

フィリップ・モリス・インターナショナル[PM]は、世界最大級のたばこメーカーです。同社のようなたばこ事業は、世界の景気に左右されにくい「ディフェンシブ銘柄」として保有していたのですが、最近は世界的な健康志向の高まりにより、旧来のタバコ事業にはやや向かい風となっています。

読者代表
となると、[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルの先行きは暗いのでしょうか?
たっちゃん
確かに旧来のたばこだけをみるとそう感じられるかもしれませんが、[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルが世界で先行している分野として「無煙タバコ」があるんですよね。国内でもこの系統の新商品であるiQOSの人気は高く、街中でも頻繁に見かけるようになってきました。とはいえ、2018年現在、国内のアイコスのシェアは9割から8割程度まで低下しており、思ったほどの利益はあげられていないんだとか。
読者代表
2018年7月の決算発表で2018年度の利益予想を下方修正してしまったんですね。
たっちゃん
そうですね。実は、その業績下方修正の要因となっているのが日本市場での苦戦なんですよね。もともと、[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルはアメリカ以外で営業している会社なので、アメリカ以外の大国の1つである日本市場は同社の稼ぎ頭の1つだったのです。最近の日本は受動喫煙関係の法律が成立するなど、たばこへの逆風が吹き荒れており、さらに[2914]日本たばこ産業との競争の激化でシェアも低下しているということなんですよね。

[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル 参考商品:iQOS




[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル たっちゃん独自レーティング

★★☆☆☆(2018年7月25日現在)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルの購入単価は81.69$となっています。2018年7月現在では株価はいまいちに推移しており★★☆☆☆評価となります。

[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル 過去5年間の株価推移

上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

元々は配当利回り4%以上で、業績も株価も変動が小さい銘柄であることに期待して購入していた[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル。実際のところ、業績の方はそれほど大きな変動はないのですが、株価の方は前述の新型たばこへの期待からか、特に2016年の後半以降に大きく上昇しました。ただ、2017年の後半からは一旦調整となってしまい、2018年春以降はさらに株価を一段階下げてしまっています。

[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル 過去の受取配当金まとめ

 保有株数1株配当($)今回の税引後配当金($)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2018年7月591.1457.006,33917,970
2018年4月591.0753.455,94412,026
2018年1月591.0753.445,6875,687

[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

PER21.6倍
PBR-
ROE-
ベータ値0.72
予想配当利回り5.48%
最終データ更新日2018年7月25日
 EPS($)配当金($)期末配当利回り(%)
2012年12月期5.173.243.87
2013年12月期5.263.584.11
2014年12月期4.763.884.76
2015年12月期4.424.044.60
2016年12月期4.484.124.50
2017年12月期3.884.224.03

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。