アクティビア・プロパティーズ投資法人[3279]の特徴と投資口価格と分配金・分配利回りの推移

3279アクティビアプロパティーズアイキャッチ画像

この記事では、大手不動産の一角である[3289]東急不動産をメインスポンサーとしており、商業施設、オフィスを投資対象としている国内リートである[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人のひとくちコメント並びに投資口価格推移、事業内容、業績推移、分配金の推移をご紹介することにしたいと思います。

なお、[3289]東急不動産系のリートとしては、他に住宅を投資対象としている[3282]コンフォリア・レジデンシャル投資法人という銘柄もあります。そちらについては、別ページでご紹介していますので、興味のある方は合わせてご覧いただければと思います。

コンフォリア・レジデンシャル投資法人[3282]の特徴と投資口価格と分配金・分配利回りの推移

2019.10.19



[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人 特徴

3279アクティビアプロパティーズトップページ画像

3279アクティビアプロパティーズ投資法人トップページ画像

前述のとおり[3289]東急不動産がメインのスポンサーとなっている[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人。2012年に新規上場という、私の保有リートの中ではかなり後発の銘柄ではあるのですが、上場後の7年間で資産規模は3倍となりまして、2019年5月段階で保有資産の規模は5,000億円を超えてきています。

読者代表
おなじ[3289]東急不動産系の[3282]コンフォリア・レジデンシャル投資法人は昔から保有していたのに、こちらの銘柄は2018年になってはじめて購入しているんですね。
たっちゃん
そうですね。他のリートの記事でも述べているように、私は国内リートの中では業績が安定する傾向のある「住宅系のリート」に好んで投資する傾向にあります。ということで、住宅を投資対象とする[3282]コンフォリア・レジデンシャル投資法人は以前から保有銘柄に入っていたんですよね。また、[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人の方は規模の拡大ペースが順調で、時価総額トップ10も狙える位置に来ましたので、とりあえずの様子見の1口から投資をスタートさせてみることにしました。

[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人 地域別の投資割合

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人 上位の投資物件

  1. 汐留ビルディング
  2. 東急プラザ表参道原宿
  3. 東急プラザ銀座(底地)
  4. 神戸旧居留地25番館
  5. A-PLACE新橋駅前

[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人 神戸旧居留地25番館はここにあります

普段のこのコーナーでは、保有物件の1位のものをご紹介することが多いのですが、今回は地元の上位物件である神戸旧居留地25番館をご紹介します。

神戸旧居留地25番館?と言われても神戸のオシャレエリアに縁のない自分にはパッと思いつくものはなかったのですが、このビルはオリエンタルホテル神戸が入っている建物でした。また、ルイ・ヴィトンや、最近ある意味話題となったバーニーズ・ニューヨークも入居しています。神戸で大型物件なんて大丈夫かな?と思ったのですが、伸び悩み傾向にある神戸市でも、さすがにこの物件なら大丈夫だと感じますね。

[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人 ひとくちコメントとQ&A

大手リートの中ではちょっと遅めの上場である[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人。上場後にガンガン物件を取得しているため、それ以前の不動産が安かった時期に買えている物件は多くありません。とはいえ、2012年~2018年に買った物件がハズレかというと、それは誰にもわかりませんので、プロの選球眼を信頼してこれからも同法人の投資口を保有し続けたいと思います。

読者代表
2019年に入ってから、リート市場は絶好調だと聞きますが、そろそろ天井なのでしょうか?
たっちゃん
そうですね。直感的にはそろそろ危ういのではないかと思うこともあるのですが「まだはもうなりもうはまだなり」と投資の世界では良く言われるので、当面は大丈夫なのかもしれませんね。私の投資方針では株式・債券・リートの中で1つだけ好調な時は、定期的にリバランスされることになっていますので、そのルールに従って淡々と売ったり買ったりすることにしたいと思っています。



[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人 たっちゃん独自レーティング

★★☆☆☆(2019年8月13日時点)

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人の購入単価は470,500円となっています。2018年12月に購入して以来、まだそれほど時間は経っていませんが、今の所は堅調に推移しています。

[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人 過去1年間&10年間の株価推移

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

※ チャートはヤフーファイナンスから引用

ここで[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人の過去1年間と過去10年間の株価チャートをみておきたいと思います。2012年に上場した頃は、まだアベノミクス相場前夜だったので、その後2014年くらいまでの上昇が著しいですね。また、その後は一進一退の攻防となっています。

[3279]アクティビア・プロパティーズ投資法人 1口あたり分配金の推移

 保有株数1株配当(円)今回の税引後配当金(円)税引後の累計配当金(円)
2019年4月期110,0178,4838,483
 分配金(円)期末分配利回り(%)
2019年11月期(予想)10,0183.94(8/13現在)
2019年5月期10,0174.27
2018年11月期9,5844.02
2018年5月期9,4623.91
2017年11月期9,3464.02
2017年5月期9,2483.62
2016年11月期9,0213.59
2016年5月期8,6663.06
2015年11月期8,6423.42


ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。