AT&T[T]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

AT&Tアイキャッチ画像

この記事では、世界最大級の通信会社の1つであり、米国内でもライバルの[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズと激しい争いをしつつも、高収益をキープし続ける連続増配・高配当株式[T]AT&Tのひとくちコメント並びに株価推移、事業内容、業績推移、配当金の推移をご紹介することにしたいと思います。ライバルの[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズの方は、先日別の記事を作成していますので、両方とも興味があるという方は下記の記事をご覧いただければと思います。

ベライゾン・コミュニケーションズ[VZ]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

2017.03.13



[T]AT&T 事業内容の紹介

AT&Tトップページ画像

上記の画像は[T]AT&Tのトップページから引用

AT&T[T]は、配当金生活のブログの方で度々述べているように米国2大通信株の一角です。その事業は米国内が中心とはなっているのですが、3億を超える人口に支えられる形で、業績・時価総額の方でも世界トップクラスの総合通信系の企業となっています。

読者代表
[T]AT&Tを創業した人は超有名人って本当ですか?
たっちゃん
創業というと少し語弊があるかもしれませんが、[T]AT&Tはもとを辿るとグラハム・ベルさんが設立した『ベル電話会社』に由来しています。
読者代表
グラハム・ベルって言われても知らないんですけれど・・
たっちゃん
有名と言えば有名な人だとは思うのですが、やや雑学的な知識ですからね。実はグラハム・ベルさんは実用的な電話を発明した人です。電話の発明は今から140年ほど前とされておりまして、そこから脈々と続く会社だと思うと、ロマンがありますよね。

[T]AT&T 国別の売上高の構成

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

[T]AT&T ひとくちコメントとQ&A

AT&T[T]は、ライバルの[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズと同じく、最近は新規事業への投資に積極的です。現状、モバイル通信などの高収益の事業を抱えてはいますが、今は当たり前となっているスマホもいずれは技術革新により何かに置き換わるかもしれませんので、その時に備えて色々な事業に手を出しておくのは悪くはない事でしょうね。

読者代表
[T]AT&Tは連続増配企業なのですね
たっちゃん
20年以上の連続増配も珍しくない米国企業ですが、[T]AT&Tは現在32年連続で増配を続けている会社となります。米国株の中には60年以上も連続で増配している会社もあるので、それに比べるとややイマイチに感じられてしまうかもしれませんが、[T]AT&Tの32年でも50位以内には入るので、連続増配の多い米国株の中でもかなり頑張っている方と言えると思います。

[T]AT&T たっちゃん独自レーティング

★★★☆☆

独自レーティングの補足説明
このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね

  1. ★★★★★:含み損益上位20%まで
  2. ★★★★☆:含み損益上位40%まで
  3. ★★★☆☆:含み損益上位60%まで
  4. ★★☆☆☆:含み損益上位80%まで
  5. ★☆☆☆☆:含み損益下位20%

となるように計算したものです。たっちゃんの[T]AT&Tの購入単価は35.16$となっています。私の記憶によると、最初は確か30$くらいでポートフォリオに組み入れていたのですが、途中で『値動きのリスクの大きい株式は出来るだけ法人口座で保有する』という方針に転換し、大規模な売買を行いました。そのため、購入単価がその時のものに変更となっています。最初の購入単価で計算すると★★★★☆となるのですが、35.16$をベースにすると★★★☆☆ですね。

[T]AT&T 過去5年間の株価推移

T株価チャート

上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用 2017年5月19日記録

良くも悪くも[T]AT&Tの株価というと、万年イマイチ(ヨコヨコ?)という印象だったのですが、昨年からは一転して上昇傾向に転じていますね。2015年にアップルと入替でダウ平均採用銘柄から外れてしまった[T]AT&Tですが、実はそれ以降の方が株価は上昇傾向となっています。世界的な指数から外れた方が株価が+に働いているというのがちょっと不思議ですよね。

[T]AT&T 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標

  • PER:16.7倍
  • PBR:2.1倍
  • ROE:15.3%
  • 配当利回り:4.62%
  • ベータ値:0.37

PER・PBR・ROE・配当利回り・ベータ値は2017年3月18日現在の数字です

 EPS($)配当金($)期末配当利回り(%)
2011年12月期0.661.735.72
2012年12月期1.251.775.25
2013年12月期3.421.815.15
2014年12月期1.241.855.51
2015年12月期2.371.895.44
2016年12月期2.101.934.54

この記事に関連するおすすめ記事

AT&Tアイキャッチ画像

ABOUTこの記事をかいた人

起業して貯めた資金を元手に2009年から配当金と株主優待で生活をしています。国内外高配当株式と株主優待銘柄、各種ETFなどの保有銘柄の解説、株主優待の利用記録、その他マネー、マイレージ、クレジットカード、FXの関連情報をご紹介。